« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

安達太良山へ(「この上の空がほんとの空です」1日目・本編)。

人気blogランキングへ

2014年1月18~19日、1泊2日で安達太良山に行ってきました。

LEE隊長企画です。
タイトルは「この上の空が『ほんとの空です』を見に行きましょう。」

車2台、総勢12名でのイベントとなりました。

=====================================

1月18日(土)午前5時起床。

前日作っておいたリストを見ながら、デカ目のザックに荷物をパッキング。
スノーシューは紙の手提げ袋に入れて持っていくことにしました。

6:28青梅発の東京行き電車に乗ります。
7:27新宿到着。

新宿駅西口の待ち合わせ場所に行ってみますと、すでにLEEさんの姿とその隣にはハイエース。レンタカーを借りてきてくれたのです。

8時の集合時間までにきっちり9名が集合しました。
皆さん大人です。

LEE隊長が運転。隣の助手席にはなごちゃん。
なごちゃんは会計係兼LEE隊長をなごます(眠らせない)係でもあります。

ハイエースは快調に走り、東北方面へ。
蓮田S.A.でYMD号3名を合わせ、12名が揃いました。
初めての方もいらっしゃるので軽く自己紹介。
2台の車は北へと向かいます。

矢板北P.A.でトイレ休憩。
安達太良S.A.で昼食。私はラーメンをいただきました。

二本松I.C.で高速を降り、ヨークベニマルで食材や酒を購入。
私のザックにはすでに「さつま白波」5号壜が入っているのですが、足りないのではと不安になり芋焼酎1升紙パックを買い足します。

岳温泉を通り、安達太良高原スキー場へ。

Dscn0581 Dscn0582 Dscn0583 ←3枚、LEE隊長撮影。
ここの駐車場に2台の車を置き、13:28歩行開始。

Dscn0584 ←登山届けを出して、全員で記念撮影。LEEカメラ。

Dscn0585 ←「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れる。LEE隊長撮影。

100dsc05430

Dscn0586 ←LEE隊長撮影。

100dsc05431←スノーシューの人が3分の1、アイゼン歩行の人が3分の2といった割合。

100dsc05432 ←fumiさんはスノーボードを背負っています。

100dsc05433

Dscn0588 ←LEE隊長撮影。

100dsc05434 100dsc05435 ←LEE隊長が先頭ですが、急坂になってもなおガシガシ登っていくので、時々「もうちょっとペース落としましょう」と声をかけます。

53_large ←fumiさん撮影。

100dsc05436 ←白樺林の気持ちのいい道です。

100dsc05434 100dsc05438

Dscn0592 ←LEE隊長撮影。

100dsc05439←15:05、勢至平。標柱もほとんど埋まっています。モデルさんはまさとし(上ミノ)です。

Dscn0594 ←滑落しても死にはしませんが、上がってくるのが大変です・・・慎重にトラバース。LEE隊長撮影。

100dsc05440 100dsc05441 100dsc05442 100dsc05443 ←くろがね小屋が見えてきました。

Dscn0595 Dscn0596 Dscn0597 ←3枚、LEE隊長撮影。

100dsc05444 100dsc05445←14:45、くろがね小屋に到着。

小屋は「地元の宴会やりに来ました組」で満員状態。
2階の一番奥の一画を我々だけで使っていいとのことで、まずはそこで軽く宴会開始。

Dscn0598 ←LEE隊長撮影。

100dsc05446 100dsc05447 ←この日はYMDの誕生日。ジュニアさんがシャンパンを担いできた。

Dscn0599 Dscn0600 Dscn0601 Dscn0604 ←4枚、LEE隊長撮影。

100dsc05449←そして、まさとし(上ミノ)はケーキをザックにしのばせてありました。煙カンがあったので、ここでは火を点けられず・・・

Dscn0607 Dscn0610 ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc05450←二本松の酒、「千功成」。

Dscn0611 Dscn0612 ←くろがね小屋は真ん中が吹き抜けになった造りです。古いけどちょっと素敵。2枚、LEE隊長撮影。

落ち着いたところで交代で風呂に行く。
ここの小屋には最高の硫黄泉があります。

Dscn0613 ←交代で風呂、残った人で宴会を続ける。LEE隊長撮影。

なかなか階下のテーブルが空きませんでしたが、少し譲ってもらい、1テーブル確保。

Dscn0614 ←まず、まさとし仕切りですき焼きの準備をします。LEE隊長撮影。

Dscn0617 ←役に立たないおぢさんは横でちびちびと飲んでいます。

鍋の仕込みが終わったら今度はケーキのろうそくに火を点けます。

100dsc05452 100dsc05453 100dsc05454

78_large ←fumiさん撮影。

Dscn0622 Dscn0623 ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc05455 100dsc05456 ←ろうそくの火をYMDに吹き消してもらいます。

100dsc05457 100dsc05458 ←さてさて、すき焼きです。

うどんも麩も美味しかったなぁ・・・
まさとし給食、今日も絶品です。

Dscn0625 ←酔いは回りましたが、初対面の方もいるので自己紹介タイム。LEE隊長カメラ。

109_large 110_large 111_large 112_large 114_large 129_large 130_large 133_large←8枚、fumiさん撮影。

Dscn0626 Dscn0628 Dscn0629 ←3枚、LEE隊長撮影。

135_large ← 外へ出てみたらものすごい星の数でした。オリオン座と「冬の大三角形」が写っています。fumiさん撮影。

137_large ←fumiさん撮影。

Dscn0633 Dscn0635 ←2枚、LEE隊長撮影。

Dscn0636 ←ストーブの周りで踊る人たち。小屋番さんに「もう少し静かに」と注意されます。LEE隊長撮影。141_large ←fumiさん撮影。

Dscn0639 ←21時前に就寝。LEE隊長撮影。

「安達太良山へ(「この上の空がほんとの空です」2日目・本編)。」へ続く>>>

クリックしてくださると「2/25(火)は大岳山に行ってきます。スノーシュー持っていこうかな・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年2月22日 (土)

御岳山付近の現況。

人気blogランキングへ

2014年2月21日(金)、青梅線の青梅~御嶽間が動き出したというのでどこまで行けるかと、とにかく出かけてみました。

朝7時頃起床。
「防災青梅」という街頭放送で「青梅~御嶽間は始発から運転を開始します」
というお知らせがありました。

早速ネットでチェック。
JRはその通り御嶽駅までは動くようです。
その先の西東京バスと御嶽登山鉄道は今日も動かないようです。

(まぁ、行けるところまで行ってみるか・・・)

朝飯を食べ、急いでパッキングをして青梅の家を8:48に出ます。

100ncm_0212 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。ま、今日は行けても日の出山くらいまでかなと・・・

転ばぬように青梅駅まで急ぎ足。
なんとか8:57発の御嶽駅行き電車に間に合いました。

9:13、御嶽駅に到着。

100ncm_0213 ←御嶽駅前の様子。道路はほぼ平常に戻っているようです。

いつもなら「ケーブル下」行きのバスが停まっている場所に「奥多摩駅行き」のJR代行バスが停まっていました。
車両はいつもと同じ西東京バスですが。

コンビニのトイレを借りて用を足し、100円のコーヒーを買い、コンビニ外のベンチでゆっくりと。
100ncm_0214

コーヒーを飲み終えたら、心の中で「マッスル!」を唱え、9:30歩行開始。

青梅街道を車に気をつけながら奥多摩方向に歩きます。

100ncm_0215 ←「御岳山登山口」の看板から左に多摩川に下りていきます。

100ncm_0216 ←神路橋で多摩川を渡ります。橋へ下る道も橋から上がる道も凍結していて手すりにつかまっておそるおそる歩く状態でした。

100ncm_0217 ←橋を上がると中野という集落。赤い鳥居の右側は昔コンビニだった建物です。営業していたのはほんのちょっと。あっという間につぶれました。

ここからケーブルの駅までまた舗装道路を歩きます。

100ncm_0218 ←クマ隊長の看板。今日も隊長はキリッとしています。

60歳前後といったところの男性が年季の入ったザックの背中にシャフトが木製のピッケルをくくりつけ、ダブルストックで歩いていました。

それからしばらくはこの男性と前後して歩く事に。

100ncm_0219←10:08、ケーブル滝本駅。

旧参道の入口に大鳥居があります。
その下でスパッツとアイゼンをつけます。

100ncm_0220 ←ほぼ除雪されてますが、アイゼンはあった方がよさそうです。

100ncm_0221 ←「うまたてば」。

100ncm_0222 ←参道の両側は杉の巨木が並びます。

100ncm_0223 ←ここにベンチがあり、一休みしてケーブルが行き交うのを眺めるのが好きなのですが、ケーブルは運休中です。ベンチも雪に埋まっています。

100ncm_0224

100ncm_0225 ←「なかみせ」。昔はここに茶屋があったそうです。

中の茶屋橋梁(ケーブルの橋)のあたり、御岳登山鉄道の社員さん達が雪落としをやっていました。

100ncm_0226 ←「だんごどう」。

100ncm_0227 ←「じゅうやっくば」。

100ncm_0228 ←「やまのかみ」。我が家の「山の神」は今日も団子屋でバイトです。

最後のところはまだ人一人が通れるほどしか除雪されておらず、一生懸命除雪中でした。
「すみません、すみません」と言って通らせてもらいます。

100ncm_0229 ←「くろもん」。杉に1番の札が打ち付けてあります。大鳥居のところの杉が794番で上に行くほど数字が少なくなり、1番がゴールです。

100ncm_0230 ←11:22、1番の杉のすぐ上でケーブル御嶽山駅からの現参道と合流します。

100ncm_0231 ←ビジターセンターも休館。都知事選の看板も青梅市内はほとんどまだ撤去されてません。雪対策でそれどころではありませんので・・・

100ncm_0232 ←上に行けば行くほど当然のことながら積雪量も多くなってきます。

100ncm_0233 ←ただいままさに除雪中。お兄さんに状況を訊いてみました。

私「日の出山あたりまでと思ってたんですが・・・」
兄「やめた方がいいっすよ。この先は2m以上雪積もってますよ」
私「2mですか。わかりました。今日はここで引き返します」

11:28、上の写真の位置から引き返す。

(ガス・バーナーやお湯持って来たし、せめて御岳平あたりでラーメン茹でて食ってから帰るかぁ・・・)

100ncm_0234 ←右の三角は奥の院、左に御師集落が見えます。

100ncm_0236 100ncm_0237 ←ところが、御岳平もこの状態です。

(ベンチに座って下界を眺めながらラーメンでも食って、食後に至福のひと時・・・)
などと描いた夢はどこへやら。

11:56、早々に下山開始。

100ncm_0238 ←いつもなら鼻歌交じりのハイキングで行く日の出山も今日は遠かった・・・

100ncm_0239 ←赤い橋が中の茶屋橋梁。その上で登山鉄道の社員さんたちがお昼休憩しているようでした。

12:40頃、滝本駅前に到着。
梅の湯で時々ご一緒する児島さん(登山鉄道の社員の方)がケーブル線路脇を通って除雪に向かうようでしたのでご挨拶。

児島「いやぁ~、エライことになりました」
私「やはりここ(駅舎兼本社)に詰めっ放しですか?」
児島「はい、一週間ずっと」
私「いつ頃から運行できそうですか?」
児島「なんとか明日からは」
私「児島さん、お気をつけて」
児島「たけぱぱさんも」

来た道を戻り、13:24御嶽駅に到着。

ちょうど13:25発の電車がありました。
青梅で乗り換えて河辺へ。

100ncm_0240 ←河辺の「とんでん」でお疲れさんビール。

100ncm_0241 100ncm_0242 ←最近「とんでん」はボトルキープOKになりました。焼酎も三ヶ月OKなのでちびちびと飲めます。氷がタダというのが嬉しいです。

夕方はキムチ鍋。
バイトの山の神に成り代わり、河辺の西友で買い物して帰りました。

クリックしてくださると「明日(2月22日)からバスもケーブルも動きます。ただし、雪はものすごいことになってます。25日(火)はスノーシュー持っていってみようかな・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

御岳登山鉄道のHP↓ ↓ ↓

http://www.mitaketozan.co.jp/

 

 

2014年2月15日 (土)

高尾山へ。

人気blogランキングへ

2014年1月28日(火)、たびままと高尾山に行ってきました。

100ncm_0133 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。天気はよさそうです。

ぐずぐずと家を出遅れて、電車に乗ったのは青梅発10:07の電車。
拝島駅コンコース内の本屋で時間をつぶしてから八高線のホームに下りてみると、同じ町内に住む塁パパとバッタリ。
塁パパとは住まいも同じ町内であり、会社も同じという間柄です。
ちなみに塁ママもたびままも元は皆同じ会社です・・・

電車内で立ち話をしながら、10:41発の八高線で八王子まで。

八王子から横浜線で町田に向かう塁パパと別れ、私達は中央線下りで高尾まで。
高尾で京王線に乗り換え、高尾山口駅には11:20頃到着。

靴紐を締めなおし、軽く準備運動。
二人だけで「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、11:29歩行開始。

100dsc05517 ←この時点ではダウンを着ていますが、歩き始めてすぐ脱ぎました。
天気もよく暖かく、絶好の登山日和です。

100dsc05518 ←今日は稲荷山コースを登ります。

100dsc05519 ←稲荷山コースの名前のもとになった旭稲荷。

100dsc05520 ←それほどきつくもなく、またダラダラ登りでもなく程よい歩き。中高年夫婦連れや単独男性がほとんど。
平日のお昼頃です。

100dsc05521 ←桜の季節が待ち遠しいです。

100dsc05522 ←12:09、稲荷山展望台。 写真の真ん中が八王子駅付近。写真の右下には高尾I.C.が見えます。

100dsc05523 ←稲荷山展望台のあずまやで小休止。後ろに写っているのはトイレですが、使用できなくなったままです。
これだけたくさん人が歩いているコースなのに、どうしてトイレを早く使えるようにしないのでしょうか・・・

100dsc05524 ←12時をまわって少しお腹がすきました。しかし、今日はおにぎりもラーメンも持ってきてません。
下山後の「タカミ」まで我慢です。

100dsc05525 ←木の間から富士山が見えました。アップにしすぎました。

100dsc05526 100dsc05527 ←この先で5号路と交差。

100dsc05528 ←花粉も飛び始めました。たびままは予防のため早めに薬を飲んでいますし、 外出のときはマスクをかけています。

100dsc05529 ←頂上への「最後の難関」階段です。

100dsc05530 ←12:50、高尾山頂上に到着。 100ncm_0134

100dsc05531 ←富士山。ピンボケすいません。

100dsc05532

100dsc05533 ←休日はごったがえす高尾山頂ですが、平日はまあこれくらい。

100dsc05534 ←三角点。高尾山の標高は599.15mです。

100dsc05535

100dsc05536 ←セルフタイマーで記念撮影。

お腹がかなりすいてきました。
早速下山開始。

100dsc05537 ←1億円トイレに寄っていきます。

100dsc05538 ←トイレの横からは大岳山が見えます。昨年(2013年)は17回登りました。

1号路で下山。

100dsc05539 100dsc05540 ←薬王院の天狗様達。写真ではわかりませんが結構大きいです。

たびまま「今日も天狗焼は並んでるかなぁ?」
私「今日はちょっと並べばすぐ買えるんじゃない。行ってみよう」

100dsc05541 ←並ぶどころか、すぐ買えました。たびままご満悦の図。

なぜかここ(ケーブルの駅前)で御嶽登山鉄道の児島さんに会いました。
最近「梅の湯」でよくお会いします。
今日は「服を着て」のご面会でしたので名刺交換をさせてもらいました。

1号路をテクテクと下り、14:20清滝駅前で「〆のマッスル」。

私「お疲れさん。腹減ったね。でわでわお待ちかねの『タカミ』へGOだね」
たびまま「『お待ちかね』って、たけぱぱが飲みたいだけでしょ」
私「そうとも言う」

京王線で高尾駅まで行って南口「タカミ」で反省会。

100ncm_0135 ←正月にサコー岳園長が新しいボトルを入れておいてくれたようです。

美味しく安くいい気分になって「タカミ」あとにし、中央線・青梅線を乗り継いで青梅の家に帰り着いたのは17時過ぎ。

「タカミ」が家の近くにあったら毎日寄ってしまうかも・・・

クリックしてくださると「2月はまだ1度も山歩きしてません。近年にない記録かも・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年2月13日 (木)

2013年を振り返る。

人気blogランキングへ

2014年もあっという間に日数を数えて早や2月13日。

皆様も通常の業務にすでに戻られたことでしょう。
(1月22日まで冬休みのJASDFな方もいらっしゃるとは漏れ聞いておりますが)

私たけぱぱも1月4日から通常の仕事を開始しております。

申し遅れましたが、今年も「たけぱぱ 百名山 山歩き日記」をよろしく哀愁でございます。

さて、毎年恒例ではございますが、備忘録としてまたINDEXとして、2013年の山行を振り返ってみたいと思います。

「2008年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2009年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2010年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2011年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

「2012年の山行を振り返る。」はコチラを>>>

2013年の山行INDEX ↓ ↓ ↓

2012年12月31~2013年1月1日 雲取山 年越しを雲取山荘で。9名。主任さんはどこでどうしているやら・・・

1月3日 鍋割山~塔ノ岳 5名で。私たけぱぱの54回目の誕生日。山専ボトルをプレゼントしていただきました。富士山を見ながら食べる鍋焼きうどんは最高に美味かったなぁ。

1月12日 高尾山~陣馬山 かじゅまる・Akiさんと。「タカミ」での反省会が楽しくて楽しくて・・・。

1月19日 戦場ヶ原スノーシュー かじゅまる企画。12名で。冬の男体山を間近に見ながらのスノーシュー。

1月26日 太平山&佐野ラーメンツアー H隊員企画。佐野ラーメンツアー第10回。19名参加。ラーメンがやわらかすぎたような気も・・・

1月28日 大岳山 単独で。この年1回目の大岳山。雪がたっぷりと残る大岳山でした。

2月9日 大岳山 単独。2回目の大岳山。土曜日でしたので長尾茶屋で八海山を飲みました。

2月11日 高尾鍋登山 約20名。みっちゃん企画。一丁平で3種類の鍋を堪能。

2月16~17日 しらびそ小屋~天狗岳 10名、車2台で。元さんにピッケルとアイゼンを借りました。しらびそ小屋は2度目。やっぱり最高です。下山した日に酒も飲まずに寝てしまったというのはこの日以外、記憶にありません。

2月24日 大山・ボタン鍋 6名で。ジュニアさんが獲ってきたイノシシを鍋にして食す。34年ぶりに大山のケーブルに乗る。大島がよく見えました。

2月28日 鍋割山 たびままと。いつもたびままとは奥多摩か高尾なので少し遠いですが、鍋割まで足を伸ばしました。冬の平日の鍋割山はとても静かでした。

3月2日 鋸山 かじゅまる企画。久里浜港からフェリーで金谷港へ。鋸山登山後は保田の「ばんや」で魚と生ビール。内房線で東京駅まで戻って東京湾一周。

3月22日 梅の公園と日の出山 単独で。青梅の梅もバッチリ見頃。しかも桜もチラホラ咲き始める。スミレも咲いてる。春がやってきました♪

3月31日 みかも山と佐野ラーメン H隊員企画。14名。カタクリの花も見ることができました。

4月1日、この日をもって国分寺の事業所に異動。3月までは草加に往復4時間かけて通っていました。
身も心も春の訪れ・・・

4月5日 大岳山 3回目。単独。早くもカタクリが咲き、色んなスミレが咲き、大岳山にも春がやってきました。

4月9日 高水三山 単独。4月21日の「秩父七峰」のために4月はとにかく歩いていました。

4月13日 生藤山 8名で。桜もなんとか鑑賞でき、カタクリ・スミレにも出会えました。山頂での鍋宴会が最高に楽しかったです。

4月16日 御前山にカタクリを見に。  平日でしたが、5名集まりました。カタクリはバッチリ見頃。ポカポカ陽気で最高に楽しい。

4月21日 外秩父七峰縦走ハイキング大会 途中から雨が雪になり、道は泥んこ・・・ 4回目の参加でしたが、今回が一番ハードでした。

4月28日 会津駒ヶ岳 かじゅまると。地吹雪の山頂。何も見えず。スパッツを忘れ、靴の中は雪だらけ・・・

4月29日 高尾鍋登山 みっちゃん企画、今年2回目。鍋2つとバーナー2つを担いできたみっちゃんはサンダル登山でした。

5月4日 大岳山 4回目。9名で。思えばこれが「某カップル」の出会いの場であったのか・・・

5月7日 大岳山 5回目。単独。10年ぶりくらいに奥の院経由で登りました。この日の富士山はバツグンに綺麗でした。

5月9日 大岳山~御前山縦走 単独。大岳山は今年6回目。いつもより青梅の家を早めに出て2座登りました。御前山ではてんしちゃんにバッタリ。 

5月12日 大菩薩嶺 10名で。この時期の大菩薩はホントにおすすめです。富士山・南ア・新緑が楽しめます。温泉・帰りの電車での反省会も楽しいっす。

5月18~19日 神津島天上山 さなリダー企画。2010年7月に続き2度目の神津島。地元のガイド氏に同行していただく。天気は最高。「離島シリーズ」またやりたいですなぁ。

5月22日 日の出山 単独。火曜日ではなかったのですが、つるつる温泉はパスしました。「寿司めいじん」ははずしませんでしたが。

5月23日 高水三山 2回目。単独。アジサイやツツジが咲き始めた高水三山を歩きました。

5月25日 会津磐梯山 かじゅまる企画。6名で。24年ぶりの磐梯山。

5月28日 大岳山 7回目。てんしちゃん・けんじっくす、3名で。ロックガーデンでヒメレンゲ・ラショウモンカズラを見ることができました。

5月31日 川苔山 なみさん・けんじっくす、3名で。下山後のもえぎの湯ではワイルドスギちゃんに会いました。

6月3日 三ツ峠 けんじっくすと。下山後の風呂屋で飲み、電車内で飲み、高尾の「タカミ」で飲む。付き合いのいいけんじっくすでありました。

6月7日 尾瀬ヶ原 てんしちゃん・けんじっくすと。てんし号のおかげで今年もミズバショウ最盛期に尾瀬に行くことができました。

6月15日 木曽御嶽山 4名で。夜行日帰り。帰りに奈良井宿に寄る。

6月24~28日はたびままと4年ぶりに札幌へ。

6月29日 陣馬~高尾縦走 縦走は3名で。ビアマウントは5名で。

7月11日 霧ヶ峰 単独。25年ぶり。霧ヶ峰の青い空と白い雲にすっかり心を奪われました。

7月15日 八ヶ岳(硫黄~赤岳) H隊員と。10時間行動。夏山に向けてH隊員にたっぷりと鍛えていただきました。

7月20~21日 白馬岳 LEE隊長企画。11名で。下りは鑓温泉経由で。頂上付近から富山湾や佐渡島まで見えました。

7月28日 高尾山で暑気払い(ビアマウント) 山歩きは7名で。ビアマウントは9名で。城山ではカキ氷。やっとカキ氷が食べられてたびままも大満足。

7月31日 那須岳 たびままと。18きっぷで黒磯往復です。北温泉に入る時間はありませんでした。

8月4日 大岳山 8回目。6名で。下りの頂上直下で落石・・・幸いな事に誰にも当たりませんでしたが。長尾茶屋でシャブリをあけました。

8月15日 谷川岳 5名で。18きっぷで往復。天神尾根は暑かった。帰りの電車内でたらふく飲みました。

8月18日 大岳山 9回目。ジュニアさん・たびままと。レンゲショウマが見頃でした。

8月23~25日 大キレット敗退の巻 まさとし・H隊員と。3日間雨合羽を着っぱなし。「雨男パワー」健在の3日間ではありました。

9月1日 大岳山 10回目。単独。山ではあさがお氏にバッタリ。長尾茶屋ではハルちゃんにナンパされ、「や台や」にはブロッケン氏が来てくれ・・・楽しい1日でした。

9月9日 大岳山 11回目。単独。神代欅付近で道幅を広げる工事が始まっていました。長尾茶屋でワインを一杯。夕方は立川で飲み会。

9月14日 大岳山 12回目。7名で。この日も長尾茶屋でワイン。さらに福生「や台や」でもたらふく飲む。

9月19日 大岳山 13回目。たびままと。彼岸花が咲き始めました。

9月21~23日 飯豊山 本山へは4名で。梅花皮小屋で2泊。小屋で合流し、下りは7名で。25年ぶりの飯豊山。素晴らしい景色に「飯豊すね~」の連発でした。

9月27日 大岳山 14回目。たびままと。下りは奥の院経由で。金曜日なのに長尾茶屋が開いていました。もちろんワイン飲みました。

10月8日 大岳山 15回目。単独。アキチョウジの季節になりました。

10月12日 紅葉の那須岳  4名で。あさがお号で行く。前夜は北温泉駐車場で仮眠。茶臼~朝日~三本槍縦走。北温泉にも入りました。浦和の「豊丸」もいい店でした。

10月19~20日 日光沢温泉 YASUさん企画。17名で。日光沢は本当にいいお湯でした。小屋のご飯が美味かった。

11月2日 大岳山 16回目。15名で。紅葉見頃です。長尾平でおでん大会。fumiさんがつけてくれる熱燗がウマイのなんの。もちろん福生「や台や」にも行きました。

11月9日 雲取山 てんしちゃん・かめきちさんと。ここも紅葉見頃です。前夜留浦の駐車場で仮眠。日帰りで。少し雪にも降られ、眺めは無し。

11月16日 石尊山と佐野ラーメン おなじみH隊員企画。17名で。大和屋さんのラーメン美味かったっす。さな号のお世話になりましたが、帰りは車の中で飲んで大騒ぎ・・・

11月23~27日 屋久島 まさとし・ふかちんと。山小屋2泊・YH2泊。白谷雲水峡~ウィルソン株~縄文杉~新高塚小屋~宮之浦岳~淀川の縦走。3日目夜はモー・リー夫妻&YASUさんとイタリアンレストランで会食。平内海中温泉もよかった。尾之間の熱いお湯にも2回浸かった。YHのお父さんも元気そうで安心。モッチョム岳にも登りました。

12月12日 大岳山 17回目。単独。神代欅の横の道幅が広がりました。携帯はスマホに変更。大岳山頂上でも電波が届きます。さっそく頂上でつぶやきました。

12月23日 景信山でもみじ鍋 サコー岳園長企画。約40名参加。このイベントも6回目。今年も楽しく過ごせました。たびままも団子焼きました。

12月31日~1月1日 雲取山で年越し 9名で。まさとしがビーフシチューを仕込んで振舞ってくれました。ジュニアさんが担いできた刺身も美味かった・・・皆さん酒も食べ物もたくさん担いできました。モデルの別嬪さんも小屋に泊まってました。

2013年も金もないのにホントによく登りました。
2014年もつつましく山登りを続けていたいと思います。

皆様、少し遅くなりましたが2014年も、
どうか一つ、よろしく哀愁!

でございます・・・

クリックしてくださると「スパッツとナイフを誕生日にいただきました。ありがとうございます。大事に使わせていただきます。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年2月 9日 (日)

雲取山で年越しを(2013~2014・2日目本編)。

人気blogランキングへ

「雲取山で年越しを(2013~2014・1日目本編)。」から続く>>>

2014年1月1日(水)、6:30頃雲取山荘の押入れで目が覚める。
夜中にかじゅまるの手だか足だかを踏んづけてトイレに行ったような気もする・・・

「日の出何時頃だっけ?」
と、誰かが布団に入ったままつぶやいている。
私「6:49だったと思う」

何名かがそれをきっかけに起き上がったが、YMD・ジュニアのお二人はすでに布団にはいなかった。
デラウウエアさんも早起きして頂上まで初日の出を見に行ったようだ。

100dsc05395 ←6:51、初日の出を小屋の横から拝む。

100dsc05396 100dsc05397

100dsc05398←日の出とともに片岡さん(ギョロ目のおじさん)の掛け声で万歳三唱。

101_large 102_large ←2枚、さーさん撮影。

100dsc05399 100dsc05400

100dsc05401 100dsc05402←初日の出のあと、早速餅つきが始まります。
かじゅまるを始め、我等のメンバーも搗こうとして順番待ちをしていましたが、他のお客さんが何人か5回ずつペッタンペッタンとやったところで、こね役のおじさんが、
「今日は寒いからもうここでおしまい。ゴメンね」
と、お客さんのペッタンはお仕舞になってしまいました。
かじゅまるも残念そうでした。

110_large ←まさとし撮影。

100dsc05403 100dsc05404←でも、お餅にはちゃんとありつけます。
餅は栃餅。
適当な大きさにちぎって丸く薄く延ばしてから中に餡子を入れて閉じてからいただきます。

100dsc05405 100dsc05406←搗き立ての栃餅、おいひいよの図。

栃餅だけでは朝ごはんになりませんので、一旦部屋に戻りガス&バーナー・食材などを持って自炊部屋に行きます。
モデルの別嬪さんも自炊部屋にいました。
加藤由佳さんのブログ↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/yuk121yuk/

私の朝食は最近いつもラーメンです。
四角い鍋で麺を茹でてその鍋でそのまま食べるスタイルです。

部屋に戻り、布団をたたみ忘れ物がないかどうか確認してからザックを整理。
部屋をあとにし、小屋の前で身支度をします。

100dsc05407 100dsc05408←全員が揃ったところで山荘前で記念撮影。
ギョロ目のおじさんにも入っていただきました。

8:18、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れてから出発。

100dsc05409 ←例年なら2月くらいの積雪とのことでした。

まず、頂上までの登り返しです。
それほど寒くはありませんが、風が強く、飛ばされた雪が頬に当たります。
もくもくと登り、8:47雲取山頂上に到着。

100dsc05410 ←加藤由佳さんの後姿です。

私「モデルさんにシャッター押しを頼むのはバチが当たりそうですが、お願いしていいですか?」
加藤「はい、いいですよ」

100dsc05411 100dsc05412 ←ということでモデルさんに押してもらった頂上での社員です。

100dsc05413 ←富士山を撮影。ピンボケですみません。でも風の強さがわかっていただけるでしょう。

山梨側=石尾根を見下ろせる場所に移動します。

100dsc05414 ←石尾根縦走路とさーさん。石尾根の先に見えるのは鷹ノ巣山。その右に大岳山・御前山。
左には本仁田山・川苔山。

100dsc05415 100dsc05416

100dsc05417 ←石尾根を下っていきます。

105_large ←さーさん撮影。

100dsc05418

100dsc05419 ←わざと道をはずれてフカフカの雪を楽しむメンバー達。雪は大人を童心に帰してくれます。100dsc05420

100dsc05421 100dsc05422

9:37、奥多摩小屋前で小休止。

100dsc05423

10:08、ブナ坂。
時間には余裕があります。というかちょうどいいバスがありませんので急いでも仕方ありません。今日も尾七ツ石経由で行きます。

100dsc05424 ←七ツ石山への登り。

10:24、七ツ石山頂上に到着。

100dsc05425 ←七ツ石から見た雲取山。

100dsc05426 ←ちょっと用を足しに下りて、下から撮影した七ツ石山頂上。素晴らしい空の青さです。

10:38、七ツ石山をあとにする。

10:50、七ツ石小屋。

106_large 107_large 108_large ←3枚、さーさん撮影。

11:31、堂所付近でお昼休憩。

カレーうどんを茹でて食します。
食後にコーヒー。至福のひと時・・・
ここでアイゼンをはずす。

100dsc05427 ←13:11、登山口に戻ってきました。

小袖の駐車場でかじゅまるとはお別れ。かじゅまるは車で実家へ帰る。

100ncm_0062 ← 13:38、鴨沢バス停に到着。

さーさんが一本とっておいた缶ビールを回しのみ。
美味かった・・・

14:33まで時間をつぶす。
下山報告など携帯でメールする人。
連絡用サイトでつぶやく人。

バスは2台やってきたので我々は全員座れました。

100dsc05428 ←15:06、奥多摩駅前に到着。

100dsc05429 ←奥多摩駅舎。「日本の駅舎百選」にも選ばれました。

青梅で電車を乗り継ぎ、で河辺駅前の梅の湯へ。
さーさんはホリデー快速でそのまま帰宅。

100ncm_0063

サッパリしたら、電車でさらに拝島へ移動。

拝島の「や台や」を予約してありましたので、7名プラス飛び入り参加のLEEさん含め8名で反省会。

100ncm_0064 100ncm_0068 100ncm_0069

私の55歳の誕生日が1月3日なもので、お祝いをしていただきました。

思い切り飲み、食べ、一人3000円です。
「や台や」は安心して飲めるいい店です。
山に登って温泉に入ってまた「や台や」で一緒に飲みませんか?

クリックしてくださると「昨日(2/8)は東京にも20年ぶりの大雪が降りました。降り過ぎて奥多摩行きの電車が止まり、今日は大岳山に行けず・・・。大岳山でフカフカの雪の上をスノーシューで歩いてみたかった・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年2月 5日 (水)

雲取山で年越しを(2013~2014・1日目本編)。

人気blogランキングへ

「雲取山で年越しを」は、2009年暮れ・2010年暮れ・2012年暮れも実施いたしました。 

http://taketotabito.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-3f24.html

http://taketotabito.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-f906.html

2011年の暮れは仕事の都合で残念ながら見送り・・・

http://taetaketabi.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-085a.html

2013年から2014年の年越しも9名で行ってきました。

=====================================

2013年12月31日(火)、5:50起床。

まず、皆さんの動静をチェックするためにPCのスイッチを入れ、連絡用サイトを開きます。
吉野さんからキャンセルの連絡が入っていました。

その他のサイトをチェックしながらパッキングを始めます。
(中くらいのザックでなんとかなるかな~)
と思っていましたが、ガス・バーナー・食器・水筒・酒・食料・アイゼン・スパッツ・・・と詰めていくうちにとても無理だということがわかりました。
諦めて仕切りなおし、デカ目のザックに詰め替えます。

7時頃、サイトに書き込みがあり「5名、奥多摩着7:46の電車に乗った」とのこと。

朝食を摂ってから雲取山荘に電話を入れ、10名の予約を9名に変更します。
ついでに水の状況を訊いてみると、「飲み水や炊事用の水は小屋でもらえます」とのこと。

7:35頃、青梅の家を出て青梅駅発7:52の奥多摩行き電車に乗ります。
さーさんが一緒の電車でした。

8:05、今度は「5名、臨時便のバスに乗りました。鴨沢でお待ちしてます」と書き込みあり。
次にかじゅまるから「車で鴨沢に向かいます。今、宮ノ平です」とメールが来ます。

さー「じゃ、奥多摩からかじゅまる号に乗せてもらいましょうよ。バスは座れないかもしれないし」
私「そうだね。立っていきたくないよね~」
かじゅまるに「奥多摩で3名拾ってくれ」とメールを打つ。

電車は8:29に奥多摩駅に到着。

改札を出て、バス乗り場の方を見るとデラウウエアさんの姿が見えました。
デラ「おはようございます。誰もいないからおかしいな~と思って・・・」
私「5名、一本前の電車で来て臨時のバスで鴨沢まで先に行ってるようですよ」
デラ「それで誰もいないんですかぁ」

100dsc05348 ←奥多摩駅前のバス停。鴨沢西行きのバスは2台出るようです。

やがてかじゅまる号が奥多摩駅前に到着。
3名かじゅまる号に便乗し、スイスイと鴨沢まで。9時頃到着。

3名を下ろしたかじゅまる号は小袖まで上がっていきました。

すでに準備を終えている5名を横目に3名、靴紐を締めなおしたり、スパッツを着けたり。

準備を皆終えたところで8名輪になり、自己紹介と簡単に私から行程の確認。
そして、8名右手を前に出して重ね、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:14歩行開始。

皆とても山荘1泊とは思えない大荷物です。
重くなる原因は酒と食料。
YOSHIKIさんなどはワインを3リットル背負っています。

100dsc05349 100dsc05350 ←年末とは思えない暖かさ。さっそく衣服調整。

100dsc05351 ←小袖でかじゅまると再び合流、9名になります。駐車場(私有地らしいですが)はほぼ満車でしたが、なんとかスペースを見つけて停められたようです。

100dsc05352 ←9:55、ここから山道になります。

山道には雪が残っていますが、まだアイゼンを出すほどではありません。
1時間ほどはアイゼン無しで歩きましたが、最初の水場の少し上の「標高1150m」の標識のあるところでアイゼンを履きます。

100dsc05353 ←標高1150m。ここで小休止。

私「お昼の大休止は七ツ石小屋でとります。ここで少し何か口に入れておこう。そんでオイラはここからアイゼン着けます」

昨年は奥多摩小屋を過ぎてからアイゼンを履いたので、今年は相当雪が多いということになります。
11:21、さー&YOSHIKI以外はアイゼンをつけて出発。

100dsc05354 ←11:52、堂所。

100dsc05355 ←12:10、富士山が見える場所に到着しました。やっぱり富士山が見えるとうれしいですね。

100dsc05356

100dsc05357 ←徐々に雪は深くなっていきます。

100dsc05358 ←12:56、七ツ石小屋に到着。

100dsc05359 ←帰りのバスの時間は調べてあります。が、念のため確認。

100dsc05360←七ツ石小屋前でお昼にします。冬は温かいラーメンが事のほか美味いですな。
13:31、七ツ石小屋発。

100dsc05361 ←我々は道を右にとり、七ツ石山に向かいます。

100dsc05362

100dsc05363 ←13:45、ここからは石尾根を歩きます。

100dsc05364

100dsc05365 ←14:00、七ツ石山頂上。ここまで来ると雲取山の頂上が見えます。

100dsc05366←七ツ石山頂上にて。100dsc05367 ←七ツ石山の三角点。標高1757。3m。

109_large ←まさとし撮影。

100dsc05368 ←少し霞んできましたが、なんとかまだ富士山も見えています。

100dsc05369 ←飛龍山。雲取より60m高く標高2077m。

100dsc05370 ←石尾根縦走路と雲取山頂。

10分ほど休憩してから七ツ石山を下ります。

100dsc05371 ←さー&YOSHIKIは道をはずれて雪の中を楽しそうに下っていきます。

100dsc05372 ←下りきった所がブナ坂。14:17。

86_large ←さーさん撮影。

この登りでほげこがややバテ気味・・・
どうやら睡眠不足のようです。

ほげこ「ゴメンナサイ・・・」
私「今日はメシも頼んでないし、(午後)5時までに小屋に着けばいいからダイジョブ」
かじゅまる「ほげこさん、リポDならありますよ」
皆「もらって飲んだほうがいいよ」

100dsc05373 ←リポDを飲むほげこ。どうやら元気回復できたようです。

100dsc05374 ←七ツ石山を振り返る。

100dsc05375 ←ヘリポートの「H マーク」も雪に覆われて見えません。いつもなら「H隊員住居跡」とか言って騒ぐポイントなのですが・・・

15:01、奥多摩小屋前で小休止。

100dsc05376 ←やや急な坂を登り切れば眺めが開けてきます。写真の右の方には丹沢の山並み。左端のほうには大岳山。  

100dsc05377 ←石尾根の上部まで来ると落葉松が目立つようになります。

100dsc05378 ←白い雪と青い空、そして落葉松が素敵です。      

100dsc05379 ←山頂の避難小屋も間近になってきました。

100dsc05380 ←この坂を登り切れば雲取頂上です。

100dsc05382 ←山梨側の頂上です。石尾根を見下ろせるのと、関東平野を見下ろせるので、三角点のある頂上よりも眺めはいいかもしれません。

100dsc05381 100dsc05383 ←ピンボケ富士山の写真。クリックしても仕方ないです。

三角点のある頂上に移動します。
16:08雲取山頂上に到着。

100dsc05384 100dsc05385←なんとか日の暮れる前に頂上に到着しました。

100dsc05386 ←傾いた陽を浴びながら埼玉県側にある雲取山荘に向けて下っていきます。

100dsc05387 100dsc05388

100dsc05389←雲取山荘には16:32に到着。恒例となりました人間アーチでお出迎え。

アイゼンをはずし、皆には先に小屋玄関から上がってもらい、私はフロントでチェックイン。
チェックインが終わったらギョロ目のおじさん(片岡氏)の案内で1階の部屋を案内されます。

片岡「今日はこの部屋9人で使っていいよ。この人(私のことらしい)の顔に免じてもう他に誰も入れないから。オレが保証する・・・なんつって」
というわけで9人でこの部屋を占領できるようだ。
雪のおかげで年配の方々の利用が例年より少ないようだ。

そして雪のおかげでいつもより長い時間アイゼン歩行だったので皆疲れたようだ。

まさとし「まず、ここで乾杯すっか」
皆「そうしようそうしよう」
私「女子のヌギヌギタイムは大丈夫?」
さー「布団かぶってタイツ脱いじゃえば大丈夫です」

100dsc05390←ならば、と早速乾杯。

渇き物やチーズなどで少しほろ酔いになった頃、
まさとし「たけぱぱ、どうする?いつ本格的な夕食開始する?」
私「食い物のことが始まったら全てまさとしに任せる」
まさとし「わかりました。皆、お腹すいた?」
皆「すいたすいた。びーふしちうびーふしちう」

そういうことで酒と食い物を持って玄関を出て自炊室に行く。
先客が3パーティほどいた。
世話好きなおじさんが女子二人に頼んで我々の場所を無理やり空けてくれた。
女子二人はしぶしぶという感じで場所を空けてくれた。
我々も「ダイジョブです、ダイジョブです」とは言ったのですが・・・

100dsc05391←さてさて、大宴会の始まり。写真はジュニアさんが担いできた刺身四点盛。100dsc05392 100dsc05393

他に覚えているだけでも、塩カラ・ニシン昆布巻き・数の子松前漬・モツのトマト煮込み・おでん・セロリの漬物。
酒はワイン・日本酒・焼酎・梅酒・ビールなんでもあります。
ザックが重いわけです。

メインは我等が給食係まさとし(上ミノ)が仕込んでおいてくれたビーフシチューです。

97_large 98_large 99_large ←3枚、さーさん撮影。

ビーフシチューの写真は誰も撮っていなかったようです。
まさとし、超美味かったです。ごちそうさん。

食いきれない食物は隣の女1:男2のパーティにおすそわけ。
女子がエライ別嬪さんだと思ったら、加藤由佳さんというモデルさんなのでした。

加藤由佳さんの公式ブログ↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/yuk121yuk/

100_large ←小屋前に作ってあった「かまくら」内での一コマ。さーさん撮影。

部屋に戻り、宴会の続き。
片岡さん(ギョロ目のおじさん。自称「下足番のおやじ」)を呼びに行き、部屋で少し飲んでもらう。
ほげこは眠たそうだったが・・・

一休みしてからカウントダウン前の闇鍋。
まさとし・さー・YOSHIKIは起きて来なかったような気もする。

闇鍋というくらいですから真っ暗になります。
誰かが「星がすごい・・・」というので、空を見上げたらものすごい星の数でした。

100dsc05394←闇鍋おいひいよの図。

闇鍋のあとはカウントダウンで鏡割り。
今年から新井の息子さんが仕切ることになったようで、残念ながらカウントダウンはグダグダ・・・
近くにいたメンバーで樽酒で乾杯。
「あけおめ~、ことよろぉ~!」
こうしてめでたく雲取で2014年を迎えました。

冷えた樽酒を2杯グイっと飲んでから就寝。
私は押入れでぐっすりと眠りました。

「雲取山で年越しを(2013~2014・2日目本編)。」に続く>>>

クリックしてくださると「今年は雪がフカフカでした。おかげで小屋の宿泊は約200名。昨年は280名。雪のおかげで割とゆったりとできました。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年2月 2日 (日)

大岳山へ。2014年1月25日。

人気blogランキングへ

2014年1月25日(土)、大岳山に登ってきました。

平日の事とてメンバーは私一人。

朝飯を食べたらすぐ支度をして、青梅の家を出ます。

100ncm_0125←我が家のあるマンション8階から見たこの日の大岳山。

8:27発の電車に乗り、御嶽駅へ。

御嶽駅前からバスに乗ります。
駅前のバス停には2台バスが待っていて、前のバスに乗ろうとすると後ろのバスの運転手さんらしき人が、「このバスは発車します。後ろのバスに乗ってください」と案内します。
バス待ちの一番前になってしまい、後ろから来る人に「後ろのバスに乗ってください、とのことです」と、今度は私が案内するハメになりました・・・

8:49、バスは発車します。
終点「ケーブル下」バス停からケーブル滝本駅まではアスファルトの坂道を2~3分テクテクと登ります。

滝本駅の窓口で往復切符をSuicaで購入。

100dsc05476←9:00発のケーブルにぎりぎり間に合いました。青空号。

100dsc05477←かぶりつき席で前方を撮影しながらケーブルカーで標高を上げていきます。

100dsc05478←中間地点で黄色の日の出号とすれ違います。標高が上がるにつれて雪が多くなってきます。

100dsc05479←間もなく標高831mの御嶽山駅に到着です。

100dsc05480←9:06、御嶽山駅に到着。御嶽山駅前の広場を「御岳平」と呼びます。

100dsc05481←御岳平から見たスカイツリー。手前の薄茶色の横一線は米軍横田基地です。

100dsc05482←こちらはお隣の日の出山。

トイレを済ませ、靴紐を締めなおします。
今日はランニングシューズではなく、登山靴を履いてきています。

100dsc05483←9:10、御嶽山駅前をスタート。

蔵御嶽神社へ向かう参道を歩きます。
最初は水平な道ですが、御師集落に入ると坂道になります。
宿坊やビジターセンターなどの間を抜けていくと、左は日の出山・右は武蔵御嶽神社という分岐に行き当たります。

100dsc05484←左の道は日の出山、右の急坂は神社への道。急坂の右上に樹齢1000年と言われる「神代欅」が立っています。

100dsc05485←このあたりの道が最近拡張されて、神代欅の写真も撮りやすくなりました。

100dsc05486←急坂を登りきると、両側に土産物屋や旅館の並ぶ、通称「土産物屋ストリート」。
(私が勝手にそう呼んでいるだけです)

100dsc05487←土産物屋ストリートを突っ切ると、武蔵御嶽神社への階段があります。鳥居があり、階段手前には手水があります。

階段を途中で左に折れ、大岳山に向かいます。
少し下ります。

100dsc05488←長尾茶屋。週末のみの営業です。今日は土曜日、もう少し経ったら営業が始まるでしょう。

長尾茶屋のすぐ近くに「長谷川恒男顕彰碑」があります。
ハセツネ没後20周年を記念して2011年10月10日に序幕式がおこなわれました。
ここ長尾茶屋は「ハセツネカップ」開催日には第3チェックポイントとなります。

100dsc05490←ほぼ下りきったところに「天狗の腰掛け杉」があります。こちらは樹齢350年、高さは60mあるそうです。

天狗の腰掛け杉を右上に回れば奥の院へ行く道です。
私は大岳山へ一番近い道を行きます。

100dsc05491←9:46、水場に到着。手で一掬い飲んでいきます。

100dsc05492←水場のすぐ上にあずまやがあります。ロックガーデン周遊だけの人はここまで来て下っていきます。

あずまやから3~4分ほど登ると涸れた沢を小さな橋で渡ります。

100dsc05493←「よ~し、ここから山に入っていくんだぞ~」という感じがして、大岳山で私が一番好きな場所です。
沢筋で日があまり当たりませんので、雪が残っています。
この橋のあたりでアイゼンを履いている人が多かったようです。

100dsc05494 100dsc05495

この沢筋はいつも雪が多いのですが、峠まで出れば少なくなるだろうと思われ、私はまだアイゼンは履きません。

100dsc05496←10:03、芥場峠。

100dsc05498 ←芥場峠の「クマ隊長」は 今日もキリッとしていました。
そろそろ拭いてやらねばなりませんが、今日はウェットティシューを持ってきませんでした。
次回は必ず。

100dsc05499←このあたり、やはり雪は残っていません。

100dsc05500←やがてまた残雪が現れます。が、気温が高いこともあり凍結はしていません。アイゼン無しで登っていきます。

100dsc05501←10:29、大岳山荘のテラスに到着。富士山が見えます。

100dsc05502←富士山をアップで撮影。

100dsc05503←一番奥は丹沢の山並み。真ん中あたりは陣馬~生藤山。手前の尾根は馬頭刈尾根。

大岳山荘前のトイレで用を済ませ、頂上へ向かう。

100dsc05504←大岳山神社の拝殿。

100dsc05505←ここの狛犬はユニークな顔をしています。

頂上付近は雪が残っていますが、なんとかアイゼン無しでも行けそうです。

神社の少し上でアイゼンをつけている人も見受けました・・・

100dsc05506←10:48、大岳山頂上に到着。

100dsc05507←大岳山は標高1266.5m。頂上から富士山が見えるのがうれしい。

100dsc05508←富士山をアップで。

100dsc05509←丹沢・陣馬~生藤・馬頭山尾根。

100dsc05510←こちらは西の方向。右の山はお隣の御前山。左奥は三頭山。大岳山と合わせて奥多摩三山と呼びます。

富士山の見える位置に腰を下ろし、お茶を飲みながらせんべいをボリボリ。
今日は最初から長尾茶屋でゆっくりする予定なので、20分で頂上をあとにします。
11:08、大岳山頂発。

雪道の下りは気をつけなければなりません。
しかし、私は雪国の生まれなのでそのあたりはお手の物です。
へっぴり腰で下っていく皆さんを尻目にアイゼン無しでガシガシ下っていきます。

11:47、芥場峠。

100dsc05511←(さぁ、人間の世界に戻っていきます・・・)

100dsc05512←12:21、長尾茶屋に到着。100dsc05513

店主の「天空のソムリエ」こと、川崎直之さんにご挨拶。

100ncm_0127←温めた八海山ワンカップを買ってちびちびと飲みます。
渇きモノのつまみはたっぷり用意してあります。

川崎さん「まだ八海山残ってます?よかったらどうぞ」

100ncm_0128←ホットワインをご馳走になりました。

13:10頃、長尾茶屋をあとにします。

100dsc05514

100dsc05515←13:45発の下りケーブルカーも青空号でした。

100dsc05516←どうしてもすれ違い交換はワクワクしてしまいます。

14:08のバスで御嶽駅へ。
14:28の電車で青梅駅へ。

駅前のスーパーでイカ刺しを買って家で焼酎を飲んで昼寝。
19時頃起こされて夕飯・晩酌。
またちびちび飲みながら安達太良山の日記をなんとか完成させて夜中の0:30頃になんとか眠りについたようです。

クリックしてくださると「今日(2/2)は17:30から新宿で新年会。2月だろうがなんだろうが新年会でいいのです・・・。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック