« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

赤雪山~佐野ラーメン~いもフライ。

人気blogランキングへ

6月10日追記・・・写真は全てクリックすると大きくなります。おくちゃん、ご指摘サンキューてるよ!

2014年4月6日(日)、私の35年来の友人H隊員が企画する「佐野ラーメンイベント」に参加してまいりました。

振り返りますれば、この「佐野ラーメンイベント」も第1回の2009年11月から数えて今回が13回目となります。

第1回目「日光鳴虫山~佐野ラーメン」はコチラを>>>

前回(第12回)「石尊山~佐野ラーメン」はコチラを>>>

今回はなかなか「車を出す」という人が現れず、業を煮やしたのかはたまたこれはチャンスと思ったのか、YOSHIKIさんからの提案で、

YOSHIKI「オイラが運転するからマイクロバス借りませんか?そうするとバスを返したあとオイラも飲めるし・・・」

一人2000円程度集めればバスレンタル代&ガス代もまかなえるようなので、お言葉に甘えて今回はYOSHIKIさんに運転をお任せすることと相成りました。

=====================================

5時起床。

今日の荷物は少ないのでパッキングも楽チンです。

100ncm_0101←6時頃我が家のあるマンション8Fから大岳山を撮影。

100ncm_0102←桜と我が家のあるマンション。

6:16青梅発の電車で立川まで。
立川で中央線に乗り換え、西国分寺まで。

西国分寺は通勤で何度も乗り換えたことのある駅です。
武蔵野線のホームに上がっていつも一番後ろに行って電車の来るのを待ちます。

6:57西国分寺にやってきた電車に乗り込むと、まさとし(上ミノ)の顔が見えました。
武蔵野線ではついつい居眠りをしてしまいます。
(よかった~、これで寝過ごさないで済むワイ・・・)

まさとしと話をしながら行くと南越谷まであっという間。
東武線新越谷から乗った電車にはほげことfumiさんの顔も見えました。
二人とも朝からビール飲んできた様子・・・
まあ、今日はハイキング的な歩きなので問題ないでしょう。

館林で東武佐野線に乗り換えると、ほぼ全員の顔が見えました。

「9時に東武線田島駅に集合」ということでしたが、この電車は9時ちょうどに田島駅に到着。

100dsc05838←佐野線田島駅でH隊員とYOSHIKIさんがお出迎え。左のマイクロバスを2人で借りてきてここまで回送してきてくれたというわけです。

100dsc05839←バスを発車させる前に点呼を取るH隊員。19名が揃っているようです。YOSHIKIさんもすでに運転席に就いています。

100dsc05840←発車して間もなく「佐野観光農園アグリタウン」に到着。ちょうど桜が見頃です。100dsc05841 100dsc05842

C0277693_2211650←LEE隊長撮影。

団体料金が適用されたようで、1人900円也を払ってゾロゾロとハウスの方へ移動。
(集金していただいたフカキョン=ふかちんの母上、ありがとうございました)

100dsc05843←菜の花も見頃です。

ビニールハウスに入り、コップを渡され、イチゴのもぎ方を教わったら「30分間食べ放題」の始まりです。

100dsc05844 100dsc05845←甘くて適度にすっぱくて美味しいです。

100dsc05846←イチゴの花。

100dsc05847 100dsc05848 100dsc05849 100dsc05850 100dsc05851

70_large 73_large 75_large←3枚、H隊員撮影。

イチゴ食べ放題は30分あれば充分おなかイッパイ。

77_large 78_large←ビニールハウスを出たところで。2枚H隊員カメラ。

100ncm_0103←次に向かう登山口までの道を確認するYOSHIKIさんとH隊員。

さて次に向かうのは赤雪山。
道中、バスの車窓から見る桜が見事に満開。
「キレイねぇ~」
と、あちこちから歓声が上がるのでありました。

登山口の手前の公園で一旦停車。
登山口まで行ってしまうとトイレがないのでここで順番にトイレを済ませます。

100dsc05852_2←登山口もこの通り、桜が満開です。

100dsc05853←今回参加の女子を撮影するH隊員。フカキョンが写ってませんが・・・

C0277693_22172926←11:36、19名が右手を重ねて「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて歩行スタート。LEE隊長撮影。

100dsc05854 100dsc05855 100dsc05856

100dsc05857 100dsc05858←「ハイキング程度」のはずが、最初は結構急な登りです。

100dsc05859 100dsc05860

そうは言っても急登はそれほど続きません。
ワイワイ言いながら頂上に向かっていきます。

100dsc05861 100dsc05862

100dsc05863←頂上まであと3~400mくらいのところにアカヤシオが咲いていました。
この優しいピンク色がなんとも言えないですねぇ。100dsc05864 100dsc05865

87_large ←H隊員撮影。

100dsc05866

100dsc05867←スミレの花の同定はなかなか難しいのですが「サクラスミレ」かと思います。

100dsc05868 100dsc05869←12:27、赤雪山頂上に到着。標高は620.6m。

銘々持ってきたおにぎりなどで簡単に昼食をとります。

何やらH隊員がこそこそあずまやの方に向かったと思ったら、フカキョン(ふかちん母)がケーキを焼いてきたとのこと。

100dsc05870←切る前に写真を撮らねばと、急いであずまやに行って撮った写真。

20等分に切り分けたケーキ・・・19人だったので、1個はあずまやの角で無線交信をしていたおじさんに差し上げました。

100dsc05871←フカキョンの後ろに無線交信のおじさんがいます。おじさんの手にもフカキョンのケーキが。

100dsc05872 100dsc05873_2←ケーキをおすそ分けしたからにはと、無線おじさんにシャッターを押してもらいました。

100dsc05874 100dsc05875←ふかちん母娘。

頂上には30分ほどの滞在。
また一列になって下山。

途中からYOSHIKIさんが先に下山。
YOSHIKI「オイラちょいと先に行って車の向きを変えてきますから」

100dsc05876 100dsc05877←松田湖のグリーンに桜のピンクが映えます。

100dsc05878←13:24、登山口に戻ってきました。YOSHIKIさんがバスをUターンさせて待っていました。

赤雪山は足利市内の山です。
ここから40分ほど車を走らせ佐野市内に戻り、佐野ラーメンの店に向かいます。

100dsc05879←「麺屋ようすけ」。ここは確か以前違う看板がかかっていました。佐野ラーメンイベントで来たことがあります。100ncm_0105

C0277693_22234885 ←LEE隊長撮影。

2012年3月「第8回佐野ラーメンイベント」の様子は是非コチラを>>>

「麺屋ようすけ」のご主人は田村屋さんで修行したそうで、店内には田村屋さんと同じく『一面一心』の心意気の看板が掲げられています。
田村屋さんには2010年1月に佐野ラーメンイベントでお邪魔したことがあります。

2010年1月「第2回佐野ラーメンイベント」の様子は是非コチラを>>>

お店は繁盛している様子で、とても19名が一緒に座ることはできません。
テーブルが空いた順に5~6人ずつ案内されてバラバラに座ります。

ビールを注文し、次に出てきたのは餃子ではなくてラーメン。

100dsc05880←私はこれを一つまるまるは食べ切れませんので小どんぶりに少しだけいただきます。
さすがH隊員のおすすめするお店だけあって美味かったです。

100dsc05881←餃子が出てきました。これももちもちしていて美味かった。

96_large 97_large 98_large 99_large←皆さんご満悦のご様子。4枚H隊員撮影。

100dsc05882 100dsc05883

100dsc05884←次に向かうのは三毳山「万葉自然公園かたくりの里」。

少し遠いけど無料の駐車場にマイクロバスを停めようとしましたが、「マイクロは有料の方へ」ということで近いけど有料の駐車場へ停めます。

100dsc05885←万葉集にも詠われた三毳山。

100dsc05886←果たしてカタクリは咲いているでしょうか。他の花も見ることが出来るでしょうか。

100dsc05887←咲いてます、咲いてます、カタクリ。

100dsc05888←いわゆる「ピーク」は過ぎたかもしれませんが、まだまだたくさん咲いています。

100dsc05889 100dsc05890←ニリンソウ。

100dsc05891←「今年も三毳山のカタクリが見れてよかった」の図。

100dsc05892 100dsc05893 100dsc05894

100dsc05895←三毳山から下りてみるとミズバショウが咲いていました。どこかから持ってきて植えたものだとは思います。

お次は道の駅「どまんなかたぬま」。

C0277693_22295758←ゆるキャラグランプリの2013年王者にかがやいた「さのまる」のでっかいのが鎮座する「どまんなかたぬま」。LEE隊長撮影。

皆さんお土産や野菜など購入。
私は足湯へ直行。

100dsc05896←この日は給湯のパイプだかポンプだかが故障とかで、温泉ではなくただのお湯のようでしたが、温まって皆満足。

100dsc05897←佐野市と合併する前は田沼町だった。名残のマンホールの蓋。

100dsc05898 100dsc05899←次はおなじみ「いでい焼きそば」。ここのいもフライが一番美味しい。

100dsc05900←突然の大行列に道行く人も「何事か?」と見ていきます。C0277693_22331087←LEE隊長撮影。110_large ←H隊員撮影。

一応イベントとしてはここが最後のスポット。
佐野駅前で皆さんを下ろし、有志で「打ち上げ会場」へ。

100dsc05901←ラーメンも食べられる居酒屋のようです。

HOGE&fumiは「銭湯に行く」と言って消えたのですが、銭湯が休みだったようでLEE号で拾われ、結局「小屋」に来たのは10名。

100dsc05902←生ビールで乾杯。H隊員とLEE隊長はまだ飲めませんが、マイクロを運転していたYOSHIKIさんにはここからたっぷりと飲んでいただきます。

100dsc05903 100dsc05904 100dsc05905

ビールのあとは焼酎。黒霧島5号壜を2本空けました。

電車組は佐野駅前のコンビニでさらに缶チューハイやつまみなど買って、東武線内でまだ飲みます。

結局青梅の我が家に着いたのは夜中12時頃だったような気がします。
定かではありません。

H隊員、次の企画もよろしく哀愁!

クリックしてくださると「次の日朝早く起きて札幌へ飛ぶはずでしたが、起きたのは7時過ぎでした・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年5月22日 (木)

しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。

人気blogランキングへ

「しらびそ小屋~天狗岳(1日目)。」から続く>>>

夜中に一度トイレに起きる。
布団に戻ってきてしばらくは皆さんの寝息・イビキを聞いていたが、またいつのまにか眠ったようだ。

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

4時頃、目覚ましのアラームが鳴る。
どうやらあさがお氏(通称=ご意見番)の目覚ましのようだ。

あさがお氏は全くもって相当重いと思うのですが、天体望遠鏡を持ってきていました。
本体だけで5.5kgあるそうです。
三脚はどなたかに持ってもらったというウワサもありますが・・・

23_large ←天体望遠鏡のセッティングをするあさがお氏。LEE隊長撮影。

私は眠くて起きれず、他の4名は全員あさがお氏の天体観察会に参加したようです。

C0277693_20372184 ←あさがお氏撮影。

あさがお天体観察会から戻ってきた皆さんはまた布団にもぐったようです。

ただ、まさとしだけはそのまま別館の玄関でお湯を沸かしたり、朝の準備を始めたようです。
私もそれを見て起き上がり、朝コーヒーをまさとしにご馳走してもらいます。
そんなこんなをしていると孝明さんがストーブの薪を足しに来ました。
孝明「おはようございます。今日は天気よさそうですね」
私「ホントですか、今日は天狗に行ってきます」
孝明「今日はいいんじゃないですか、気をつけて」

100dsc05677 ←外に出て天狗岳を眺めます。天気もよさそうだし、「モルゲンロート」への期待が高まります。

100dsc05678

まさとしはストーブのそばでお湯を沸かしています。
私の水筒の分のお湯も作ってくれました。

100dsc05679 ←5分おきに外に出てみます。

100dsc05680 ←手前の白い平らな部分はみどり池です。凍ってその上に雪が積もっていますので白い平地にしか見えません。

100dsc05681

100dsc05682 ←しらびそ小屋。下が本館、上が私達が寝泊りする新館。

100dsc05683 ←5:45、見事なモルゲンロート。

100dsc05684 ←みどり池と天狗岳。

100dsc05685 100dsc05686 100dsc05687 100dsc05688 100dsc05689

6時少し前、小屋のスタッフから「朝食の用意が出来ました~」の声がかかる。
新館から本館に通じる暗い階段を下りていく。

100dsc05690_2 ←本館の薪ストーブ。

26_large 28_large ←とろろが美味しくて何杯でも食べられそうですが、ご飯2杯でやめておきます。2枚LEE隊長撮影。

食後のコーヒーをいただく。これが美味い。
(コヒーが苦手な方にはお茶をくれる。念のため)

コーヒーをすすっていると孝明さんが一斗缶からひまわりの種をスコップですくって、窓の外のエサ台に置いた。

100dsc05693 ←窓の外にさっそく小鳥がやってきた。これはコマドリだろうか。

LEE「これがウワサのリスとか鳥とかいうヤツですね」と、カメラ片手に外へ出ていった。

27_large 29_large 30_large 31_large 32_large ←リスは「ホンドリス」。鳥は「コガラ」。5枚、LEE隊長撮影。

100dsc05694 ←食後にまた外に出て天狗とみどり池を撮影。100dsc05695

新館に戻り、急いで出発の支度をする。

100dsc05696

100dsc05697 100dsc05698 ←まもなく出発というところ。紫の起毛ブルゾンの方が孝明さん。

7:09、「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、天狗岳に向かって出発。

100dsc05699 100dsc05700

100dsc05701 ←本沢温泉(昔は本沢鉱泉と言いました)への道を分け、中山峠に向かう。

100dsc05702

33_large ←LEE隊長撮影。

100dsc05703 ←背中に朝日を浴びる。素晴らしい登山日和。

100dsc05704 ←稲子岳。

100dsc05705 ←天狗の東壁にとりつく。本日の核心部分である。

100dsc05706 100dsc05707 ←初めのうちはジグザグに高度を上げていく。

100dsc05708 100dsc05709 ←中山峠までもうすぐというところでは直登急斜面となる。本日の核心中の核心部分。

100dsc05710 ←急登部分の途中で一息つき、天狗岳(東天狗)を見上げる。今からそこまで行くぞ~。

100dsc05711 ←もう少しで中山峠。

38_large ←LEE隊長撮影。

100dsc05712 ←8:38、中山峠に到着。なかなかいいペースでここまで来れました。

100dsc05715 ←中山峠で休憩をとります。

100dsc05713 ←北側の中山を見上げたところ。

100dsc05714 ←こちらは南側の東天狗。その左に硫黄岳の爆裂火口が少しだけ見えています。

100dsc05716 ←稜線に出たとたんに風が吹いてきます。これは覚悟しておりました。

8:51、中山峠発。

100dsc05717 ←抜けるような青空。テンションが上がります。

100dsc05718 ←北アルプスの稜線が見えます。ますますテンション上がります。

100dsc05719 100dsc05720 ←東天狗の右に西天狗も見えてきました。

100dsc05721 100dsc05722 100dsc05723

100dsc05725 ←一歩一歩頂上へ近づいていきます。

100dsc05726 ←北アルプスの稜線を右にたどっていくと隠れてしまうあたりに富士山に似た山が見えますが、あれが蓼科山。その左下に美ヶ原、さらに左には霧ヶ峰。

100dsc05727 ←間もなく東天狗頂上。

43_large ←先に頂上に着いたLEE隊長が振り返って我々を撮ったものです。赤いのがあさがお氏。なご・ちょも・まさとし・私の順です。

9:42、東天狗の頂上に到着。

100dsc05728 ←硫黄岳頂上の右に八ヶ岳の主峰=赤岳。その右に中岳・阿弥陀岳と続く。

100dsc05729 ←阿弥陀岳の右には南アルプスが見える。白い峰が3つ見えるが、左から北岳・甲斐駒・仙丈。

100dsc05730 ←西天狗の左には中央アルプス。同じく右には乗鞍。

100dsc05731 ←北アルプスの稜線が全て見渡せる。画像の真ん中辺り白く左に少し傾斜した稜線が霧ヶ峰。その右には美ヶ原。

100dsc05732 ←北アルプスの稜線が右の端で切れる辺りの富士山型の山が蓼科山。

100dsc05733 ←画像右奥の白い山は浅間山。

44_large ←五丈岩がちょこんと乗っかった金峰山(画像中央やや右の白い山)。LEE隊長撮影。

48_large ←寒さの為私のカメラが電池不良になり、LEE隊長のカメラで記念撮影。

東天狗からの景色は見飽きることがないが、天気もいいことだし西天狗にも行ってこなければ。

100dsc05734 ←西天狗への登り。

45_large 49_large ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc05738 ←10:06、西天狗頂上に到着。

100dsc05735 ←西天狗から見た東天狗。

100dsc05736 ←西天狗頂上でしばし休憩。

100dsc05737 ←赤岳・北岳をバックに。LEE隊長。

54_large ←北アルプス南部。画像真中が槍ヶ岳。左に行って大キレットを経て、北穂。その左に奥穂。LEE隊長撮影。

51_large ←画像真ん中辺りに諏訪湖。左端は木曽御嶽。

53_large 55_large 59_large 60_large 57_large 56_large←シリセードで西天狗から滑り降りる人も。6枚LEE隊長撮影。

58_large 65_large 64_large 63_large ←ちょもを襲おうとしてアイゼンで足蹴にされるたけぱぱ。すわ、流血か・・・4枚LEE隊長撮影。

66_large ←本当は仲がいいのでご心配なく。LEE隊長撮影。

61_large ←こちらも仲がいいあさがお氏となごちゃん。LEE隊長撮影。

100dsc05739 ←鞍部付近から西天狗を振り返る。

100dsc05740 ←同じく東天狗を見上げる。

100dsc05741 ←さて今度は黒百合ヒュッテを目指します。

100dsc05742 ←孤高の人=LEE隊長。

100dsc05743 ←北アルプスや蓼科を眺めながらの稜線歩きはまっこと楽しい。

100dsc05744 100dsc05745 100dsc05746 100dsc05747 100dsc05748

67_large ←黒百合ヒュッテが見えました。LEE隊長撮影。

100dsc05749

68_large 70_large ←最後のところはシリセードで。2枚LEE隊長撮影。

100dsc05750 ←11:05、黒百合ヒュッテに到着。

100dsc05751 100dsc05752 100dsc05753 100dsc05754 ←黒百合ヒュッテ前にてお昼にします。
渋の湯から上がってくる人達だろうか、ヒュッテ前は休憩する人達であふれていました。

69_large ←11:45、黒百合ヒュッテをあとにします。

100dsc05755

100dsc05756 ←中山峠。

100dsc05757 ←急斜面を慎重に下ります。が、登りに比べて速い事速い事。

100dsc05758 100dsc05759

100dsc05760 ←もうみどり池です。LEE隊長とちょもは池の上を歩きます。その奥には稲子岳。

100dsc05761 ←今登ってきた天狗岳をバックに。

74_large ←12:55、しらびそ小屋に到着。LEE隊長撮影。

アイゼンをはずし、デカ目のザックをパッキングし直したら出発。
13:17、しらびそ小屋をあとにする。

100dsc05762 ←硫黄岳の爆裂火口壁が樹木の間から見えた。

この日胃の調子が良くなく、ゲートまで写真撮らず・・・

100dsc05763 100dsc05764 ←14:27、稲子湯に到着。

また稲子湯の玄関を借り、スパッツやオーバーズボンなどを脱ぐ。

稲子湯のおかみさんらしき人が出てきて、「ホントはウチの風呂ににも入っていきなさい、って言いたいとこなんだけど、2月の大雪で風呂場が壊れちゃってねぇ・・・」

※現在は直ってます。稲子湯にも一度入ってみたいです・・・

さて、あさがお号は「八峰(ヤッホー)の湯」に向かいます。

100dsc05765 ←14:55頃、八峰の湯の駐車場から撮影。八ヶ岳の主な峰が全てここから見える。

100dsc05766 100dsc05767

サッパリしたところで、あさがお号は上信越道経由で浦和へと向かう。

DVDを見ながら帰ったのであるが、胃の調子も悪かったこともあり、あさがお号では飲まず・・・

DVDは最初「アウトレージ」・・・あまりにもグロいので途中でやめてもらって「魔女の宅急便」これは最初から最後まで楽しく見れた。

浦和駅前で下ろしてもらい、駅前の「豊丸」という居酒屋へ。
ここのおねえちゃんは愛想は悪いが短パンです。
愛想は悪いが、マグロは美味いです。

1474716_2058569328_214large_2 ←最初は5名で乾杯して、あさがお氏が車を自宅に置いてから浦和駅まで戻ってくるのを待ちます。

あさがお氏が戻ってきたところで改めて乾杯。

こうして楽しく浦和での夜は更けていくのでありました。

※飲み始めれば胃の調子の悪かったことはすっかり忘れるという都合の良さ・・・

クリックしてくださると「しらびそ小屋はなんだか懐かしい感じのする山小屋なんです。また秋にでも行こうかな・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年5月19日 (月)

しらびそ小屋~天狗岳(1日目)。

人気blogランキングへ

2014年3月21~22日、1泊2日で行ってまいりました。
あさがお号出動です。

行く面子はあさがお氏・LEE隊長・私の3名はわかりますが、他のメンバーを隊長のLEEさんに尋ねると、

LEE「全部で6名。あとの3名もたけぱぱさんの知ってる人ばかりですから・・・」

と、何故か教えてくれないまま当日を迎えました。

=====================================

6時頃起床。
ザックの準備をしながらネットのチェック。
デカ目のザックにパッキングをし終わり、7:45頃青梅の家を出ます。

100ncm_0049 ←エレベーターが来るのを待つ間にマンション8階から大岳山を撮影。今日は予報でも好天が期待できそうです。

7:56青梅発の電車で拝島へ。
八高線に乗り換えて8:42八王子に到着。

北口の集合場所に行ってみるとなごちゃんがいました。
なごちゃんとハグをして再会を喜び合います。

次にまさとし(上ミノ)が現れます。
最近の言動からしてまさとしが現れるのは予想できました。

あとの3名はあさがお号に乗って現れました。

ザックをあさがお号に収め終えて、9:09に稲子湯へ向けて出発です。

運転はもちろんあさがお氏。
助手席になごちゃん。
中列にまさとしと私、後列にLEE隊長とちょもちゃんという具合で座っていきます。

10:26、釈迦堂P.A.で休憩。
南アルプスは雲の中で残念ながら見えません。

ちょいと道を間違えたりしつつ、12:32稲子湯前に到着。
出来れば車で「みどり池入口バス停」まで行きたいところですが、今年は雪が多いので無理なようです。

車の中で準備をしている人もいましたが、まさとしと私は稲子湯の玄関を借りて出発の支度。

100dsc05653 ←出発直前。

3_large ←出発の儀式「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れて13:07歩行開始。LEE隊長撮影。

100dsc05654 ←道はよく踏まれており、つぼ足で行けそうです。

5_large 1_large ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc05655 ←みどり池入口バス停の雪はこの通り。

100dsc05656 ←バス停を横目に見て通り過ぎると車止めのゲートがあります。

100dsc05657 ←ゲートのすぐ向うは唐沢橋。大月川を渡ります。

100dsc05658 100dsc05659 ←風もなく天気も上々。素晴らしい登山日和です。

2_large ←LEE隊長撮影。

100dsc05660

100dsc05661 ←今日は明るいうちに小屋に着けばいいだけなので皆さん余裕の表情。

100dsc05662 ←急な登り。これを登り切ってしまえば小屋はもうすぐです。

7_large←LEE隊長撮影。

8_large←道はよく踏まれていますが、一歩横にそれるとフカフカの雪。LEE隊長撮影。

100dsc05663 ←LEE隊長もフカフカの雪が大好物のようです。

100dsc05664 100dsc05665 ←しらびそ小屋まであと300m。

11_large ←LEE隊長撮影。

100dsc05666

10_large ←LEE隊長撮影。

9_large ←テン場が見えたということは小屋はすぐそこです。

100dsc05667 ←15:02、しらびそ小屋に到着。稲子湯から2時間かからずに到着しました。

12_large 18_large ←2枚、LEE隊長撮影。

今日は小屋の旧主=今井行雄さん夫婦と息子の孝明さん=現主も小屋にいるようだ。

100dsc05668 100dsc05669 ←「まずはお座り下さい」と 言われ、出されたかりんとうと熊笹茶をいただきながらくつろぐ。
LEE・ちょもの後ろに見える窓にはリスや小鳥が寄ってくるのだが、それは明日の楽しみに取っておこう。
お茶を飲んでいる間に宿泊手続きを済ませる。

14_large ←白髪のお父さんが、今井行雄さん。LEE隊長撮影。

17_large 19_large ←2枚、LEE隊長撮影。

ザックを持って新館に移動。
新館の1階の個室が本日の我々の宿泊場所です。
隣が談話室。こたつがありました。

100dsc05670 ←こたつには先客の女性3人組がいましたが、早速我々もお邪魔して酒盛りを始めます。

13_large 15_large ←2枚、LEE隊長撮影。

100dsc05671 ←トイレには外に出なくても行けるのですが、ちょっとついでに外へ出て天狗岳を撮影。頂上は雲に隠れています。

100dsc05672 ←ここに来たらはやりコレを飲まなくては。1本1800円ですので1人300円出せば120mlくらいは飲めます。
美味いです。ジュースみたいです。しらびそに来たら必ず飲んでくださいね。

17:30頃、
小屋のスタッフ「夕食の準備が出来ました~!」

新館と旧館をつなぐちょっと暗い階段通路を行く。

100dsc05673 B63311672b783647f49efcde1b509504 ←孝明さんによれば「いただいたフキノトウですが、おいいしいので皆さんにも是非」とのこと。

21_large 22_large ←2枚、LEE隊長撮影。私は焼酎と一緒にいただきます。

食後また新館に戻って酒盛りの続きです。

川口から来たという年配男性がコタツにやってきて「キューポラ」の話で盛り上がりましたが、一瞬で去っていきました。

100dsc05674 ←LEEさんのランタンを囲み、酒盛りの続き。

100dsc05675 ←小屋の明かりは天井の豆電球が一つだけ。フラッシュをたくとこんな写真になります。
おや、まさとしの姿が見えません。

100dsc05676 ←酔いつぶれたというよりはお疲れのようで、2時間ほどこんな感じで寝てました。

20:30頃、消灯。就寝。

思っていたよりは暖かく、グッスリと寝たようですZZZ

この続きは「しらびそ小屋~天狗岳(2日目)。」を乞う、ご期待!

クリックしてくださると「夏か秋にもまたしらびそに行こうかな・・・」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年5月16日 (金)

日の出山~吉野梅郷。

人気blogランキングへ

2014年3月23日(日)、J-Blueさんと日の出山経由で吉野梅郷へ行ってきました。

この1週前に吉野梅郷に行ったのですが、「青梅市梅の公園」は正面はまだ咲き始め・・・
今のうちに見ておかないと今シーズン(梅まつりは3月いっぱいで終了)が終わると1260本の梅を全部切ってしまうそうなので「見納め」のつもりで行ってきました。

=====================================

青梅の家を8:25頃出ます。

100ncm_0051 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山。今日は天気よさそうです。

青梅駅前のコンビニでおにぎりを2個とお茶を買い、青梅駅のホームに上がるとすぐJ-Blue  さん(以下Jさん)の顔が見えました。
当日は9時頃御嶽駅集合としてありましたが、早くもここで全員(二人だけですが)揃ってしまったことになります。

8:43青梅発のホリデー快速はほぼ満員の大盛況。
Jさんと立話をしながらNON STOPの「ホリ快」は9時ちょうどに御嶽駅到着。

御嶽駅前からバスに乗り、「ケーブル下」バス停まで。
バス停から舗装道路の坂道を2~3分テクテクと登るとケーブル滝本駅です。

今日はケーブルには片道乗車ですのでSuicaをタッチして乗ります。

100ncm_0052 ←9:15発のケーブルは青空号。
一番下のかぶりつきに陣取って写真を撮ります。
Jさんはいつものデジイチ。

100dsc05769 ←ケーブルが発車してすぐ。このあたりはもう雪がありません。

100dsc05770 ←中間地点で黄色の日の出号とすれちがいます。このあたりから残雪が線路の両脇に見えます。100dsc05771

皆さんも記憶に新しいと思いますが、2月の大雪はケーブルも約1週間運行不能となってしまいました。
2月25日のこのあたりの様子を参考までに私のブログで確かめてみて下さい。

http://taetaketabi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-a551.html

ケーブル6分乗車で標高831mの御嶽山駅に到着。

100dsc05772 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」といいます。

100dsc05773 ←御岳平から見たお隣の山=日の出山。これから向かう山頂です。

100dsc05774 ←微かにスカイツリーも見えています。

トイレを済ませ、軽く準備運動をして、9:29歩行開始。

まずは武蔵御嶽神社へ向かう参道を行きます。
道の両側にまだ少し雪が残っています。

宿坊やビジターセンターのある御師集落を抜け、樹齢千年と言われる「神代欅」が見えたら、神社へ向かう道から分かれて日の出山に向かいます。

100dsc05775 ←ある宿坊の門にかかっているユニークな道標。「右日の出山道 五日市八王子横浜を経て欧米方面」と書いてあります。

最後の宿坊を過ぎると道の脇に畑がいくつかあります。
東京名物=ウドが獲れるらしいです。

100dsc05776 ←最近誰かが木を彫ってベンチ状のものを作ったようです。

100dsc05777 ←今ではケーブルを利用して参拝するのがほとんどですが、ケーブルが通じるまでは日の出町方面から御嶽神社に参拝する人も多かったそうです。

100dsc05778 ←日の出山頂上直下の東雲山荘。

頂上直下の公衆トイレで用を足していきます。

100dsc05779 ←頂上へ向けて最後の一登り。右の三角屋根が公衆トイレ。

100dsc05780 ←10:22、日の出山頂上に到着。標高902m。

100dsc05782 ←日の出山から見た大岳山。頂上から左に目を落としていくと富士山の頭だけ見えます。

100dsc05781 ←富士山をアップで。

100dsc05783 ←まずは頂上標柱と一緒に記念撮影。近くにいたおばさまにシャッターをお願いしました。

100dsc05784 ←関東平野を見下ろせるベンチに陣取りおにぎりを頬張ります。

100dsc05786 ←画面左の白い丸屋根は西武ドーム。その左に狭山湖、右に多摩湖。画面右の茶色の横帯は横田基地です。

100dsc05787 ←今日は丹沢方面もよく見えています。左の端正な三角が大山、右の一番高い山塊が丹沢最高峰蛭ヶ岳を含む山塊、その右檜洞丸、一番下がったところが犬越路、その右が大室山。

100dsc05789 ←今日は日曜日。人出も多く、中には我々と同じくこれから吉野梅郷に向かう人達もいるようでした。

25分ほどの山頂滞在で下山開始。吉野梅郷に向かって下ります。

100dsc05790

100dsc05791 100dsc05792 ←梅ノ木峠が近づいてくると防衛省の無線中継所の電波塔が見えてくる。

100dsc05793 ←11:27、梅ノ木峠着。

梅ノ木峠で山道は一旦途切れ舗装道路になりますが、また山道に入っていきます。

100dsc05794 100dsc05795 ←11:43、三室山に到着。普段は静かな三室山ですが、今日は先客が10名くらいいてお昼を食べていました。100dsc05796

100dsc05798 ←11:59、琴平神社に到着。

100dsc05797 ←琴平神社の前から西武ドームを撮影。少し右に目を凝らすとスカイツリーもなんとか見えました。

100dsc05799 ←ヤブツバキ。

100dsc05800 100dsc05801 ←桂の木でしょうか、大きな木がありました。

100dsc05803 100dsc05802 ←12:29、吉野側の登山口梅郷ゴルフ場跡地に到着。2011年末に梅郷ゴルフ場は営業をやめました。

沖縄・九州料理の店「郷陽(ゴーヤ)」を横目に、梅の公園が近づくと急に人が多くなります。

100dsc05804 ←梅の公園は正面もなんとか五分咲きまでになっているようです。

入園料一人当たり200円也を払って入場します。

100dsc05805 ←今日はさすがにすごい人出。

私「私が一番いい撮影ポイントと思う場所まで行ってみましょう」
J[わかりました」

100dsc05806 ←近くに寄ると梅のいい香りがしてきます。

100dsc05807 100dsc05808 ←福寿草。

100dsc05809 100dsc05810 100dsc05811 100dsc05812 100dsc05813 100dsc05814

100dsc05815 ←紅白の対比が目をひきます。

一つ目のあずまやを過ぎてさらに登っていくと公園で一番高いと思われる場所にもう一つあずまやがあります。
そのあずまやを少し過ぎて下を見下ろすのが私の一推しの場所です。

100dsc05816 ←5分咲きとのことですが、これも見納めです。ちょっとやはり残念です。

100dsc05817 100dsc05818 100dsc05819 100dsc05820 100dsc05821

100dsc05822 100dsc05823

100dsc05824 100dsc05825 ←公園の東口近くは完全に満開でした。

100dsc05826 100dsc05827 100dsc05828 100dsc05829 100dsc05830

100dsc05831 ←正面の方に戻ります。シートを敷いて花見をしている人もたくさんいました。100dsc05832 100dsc05833

100dsc05834 ←公園入口近くに咲いていた山茱萸(サンシュユ)。

100dsc05835 ←公園を出たところの屋台も今日はにぎわっていました。

100dsc05836 ←吉野梅郷は秩父多摩甲斐国立公園の東端に当たります。

100dsc05837 ←神代橋で多摩川を渡ります。橋の上から見た多摩川上流方向。

日向和田駅から青梅で電車を乗り継いで河辺駅まで移動。

100ncm_0056 ←河辺駅前の梅の湯でサッパリしてから「とんでん青梅店」に移動。

100ncm_0057 ←まずは生ビールで乾杯。

100ncm_0047 ←刺身などつつきながら芋焼酎へと進みます。

すっかりいい気分になって店を出たのが17時頃。

Jさん、これに懲りずにまた行きましょうね。

この日の様子はJ-Blueさんもブログに書いておられます↓ ↓ ↓

http://blog.goo.ne.jp/king20-io/e/58ccecb6eaf8047000455cb6ebb6a4cc

クリックしてくださると「久しぶりのブログ更新となってしまいました。4月はいいことも悪い事もいろいろとありました。今日は西荻でお清めです。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック