« 『八月の六日間』 (北村薫 著)KADOKAWA。 | トップページ | 花の白山へ(第1日目)。 »

2014年8月23日 (土)

『山女日記』湊かなえ(幻冬舎)。

9784344026018

推理小説が得意な著者だけあって、シチュエーションの構築と筋の展開が読者を見事に小説の中に引き込んでいく。

百貨店勤めの律子。
医者に嫁いだ姉を持つ希美。
帽子デザイナーの柚月。

山を登るそれぞれの女性の人生と山との結びつきが多様なところがこの小説の醍醐味ではないだろうか。

妙高・火打・槍・利尻・白馬・金時・トンガリロ、といった山が登場する。

この小説を読んだ後に行ってみるとまた一味違ってそれらの山を見ることが出来るのでは・・・

トンガリロには私も行ったことありませんけど。

クリックしてくださると「次は8月25日と28日にこまくさ訪問予定なり~~~。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 『八月の六日間』 (北村薫 著)KADOKAWA。 | トップページ | 花の白山へ(第1日目)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本、気になってたんです!
山女というフレーズがなんだかしっくりきてしまい・・・
読んでみようかな。

ふかふかちんちん、
利尻には来月行ってくるぞ。
う~んと楽しんでくるからね。
報告待っててね~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『山女日記』湊かなえ(幻冬舎)。:

« 『八月の六日間』 (北村薫 著)KADOKAWA。 | トップページ | 花の白山へ(第1日目)。 »