« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

男体山へ。

人気blogランキングへ

2014年9月7日(日)、日光の男体山に行ってきました。

メンバーは9名。

さなリーダー・スムキチ・アヤ・すーさん・ジュニア・H隊員、そして初対面のリリィーさん・かみやん、私という面子です。

=====================================

3:30起床。

大体のパッキングはしてありましたが、もう一度リストを見て確認します。

4:20頃、青梅の家を出ます。
3時間くらいは寝たはずなのですが、まだ頭がぼーっとしています。
青梅駅前のコンビニでおにぎりを4個買います。
お茶は水筒に450mlくらい入っています。

4:35青梅発の始発電車で立川へ。
立川で中央線に乗り換えて西国分寺。
武蔵野線で武蔵浦和。
埼京線で大宮。

大宮で宇都宮行きに乗ります。
ここまで朝飯を食べていませんが、今日はどうしても立ち食いソバが食べたい・・・
大宮では時間がないので宇都宮まで我慢します。

昨晩は酒を抜きましたが、そういうときのほうが次の日お腹がユルイのですが、どうしてまさとしさん?
結局電車の中では全く眠れず、トイレに何度もいくことに・・・

宇都宮で念願の立ち食い蕎麦にありつきます。
幸せなお腹になって、日光線ホームへ。
日光線は「日光ツーデーウオーク」とやらが開催されるのでかなり乗車率がよく、やっと席を見つけるといった状態でした。

8:26、JR日光駅に到着。
予報どおりの雨。

トイレに行ってから一とおり駅構内を見てまわりましたが、見知った顔はありません。
連絡用サイトに「H隊員号に乗車希望の方は書き込みをお願いします」と書いておきましたが、誰も反応がなかったので、私以外は全員東武日光からバスに乗るつもりなのでしょう。

傘を差し、一応バス停にも行ってみましたが、誰からも声をかけられませんでしたので、待っていてくれたH隊員号に近寄り、おはようのご挨拶。

私「いつもスマンねぇ」
H「たけぱぱだけ?行っちゃっていいの?」
私「一通り見たけど誰もいないみたいだし、皆東武の方じゃないかな。わりぃけど東武日光に寄ってみようよ」
H「あいよ。わかった」

東武日光駅はすぐそこです。
さなリーダー・スムキチ・アヤ・ジュニア・かみやん、5名の顔が見えました(かみやんは初めて会うのですが)。
リリィーさんの顔はわかりませんが、すーさんの顔はわかりますのでどうやら東武日光駅付近にもいない様子。
集合は二荒山神社バス停としてありましたので、H隊員号に7名乗って先に進むことにします。

H隊員号に乗ってしばらくしてから気がついたのですが、お二人はJR日光駅からバスに乗ったとの書き込みがありました。

9:15、二荒山神社の駐車場に到着。

100dsc06546 ←雨は小降りになりましたが、まだ少し降っています。神門から撮った二荒山神社中宮祠中門。

100dsc06547 ←神門の下で雨宿り。バスでやってくるであろうお二人を待つ。H隊員が細目で見ているのは二荒山神社。そしてその上・・・晴れていれば男体山が見える方向。

9:34頃、お二人がバスから降りてくるのが見えました。
失礼ながら階段上の神門から手を振って「こっち、こっち」と合図を送る。

お二人が準備出来るのを待ち、準備が終わったところで軽く輪になって自己紹介。

100dsc06548 ←神門下で自己紹介タイム。

自己紹介タイムの後、1分間の黙祷。
8月30日に西穂から滑落して亡くなった山友のお母様の冥福を祈ります。

私「1分間って結構長いですね。ちょっとしめっぽくなっちゃいましたが、儀式をやってから出発したいと思います」

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、歩行開始。

なのですが、「登拝料500円也」を払わねばなりません。
スムキチに会計をやってもらい、中宮祠受付で9人分4500円を払います。
するとお守りをくれます。

10020140919_225604←これを持って登れば安全登山間違いなしです。

9:55、本格的にスタート。

100dsc06549 ←目指すは二荒山奥宮=男体山頂上です。

小降りだった雨はスタート直後ほとんど止みました。

三合目までは巨大な杉の中のやや薄暗い山道を登ります。
歩き始めてしまえば暖かくなってきます。
衣服調整タイムで小休止。
私も雨合羽の上は脱いでしまいます。

100dsc06550 ←三合目から四合目までは舗装された林道を歩きます。

100dsc06551 ←四合目からはまた山道になりますが、その前にここで小休止。パンやおにぎりなどで栄養補給。

100dsc06552 ←9月7日ですが、一部紅葉も始まっています。さすが日光です。

100dsc06553 ←11:43、五合目。100dsc06554

100dsc06555

100dsc06556 ←男体山は「富士山型」ですので、登り一辺倒。しかも急登がだらだらと続きます。

100dsc06557 ←12:20、ちょっと広めのところで大休止。
私「ここで大休止にします。お昼は頂上で時間とるけど、それまで持たないでしょ」
H隊員「実質的なお昼ってことかな・・・」
私「ま、そう受け取ってもいいけど」

100dsc06558

ところが、「お昼は頂上でとる」という部分は忘れられ、「実質的なお昼」という部分だけが一人歩きして、約2名「ここでお昼休憩なんだ」と勘違いしたようで、
私「さぁ、そろそろ行きましょうか」
2名「エッ、ここでお昼なんじゃないの・・・味噌汁作っちゃったわ」「私もコーヒー入れちゃったわ・・・」
そこで、もう少し時間をとることになりました。

やはり休憩時は「ここで何分」とちゃんと言わないといけないということで、大変反省しております。
申し訳ございませんでした。

気をとりなおして頂上へ向けて出発。

100dsc06559 ←まだしばらく急登が続きます。

100dsc06560 ←少しガスってきました。

100dsc06561 ←どこまで続く急登ぞ。

100dsc06562 ←アキノキリンソウ。

100dsc06563 ←すーさんにポーズをさせて撮影するスムキチ。

43_large ←スムキチ撮影。

100dsc06564 ←13:18、八合目。100dsc06565

このあたりから周りの木も低くなってきます。
しかしまだまだ急登は続きます。

100dsc06566 100dsc06567

下界は曇りのようですが、どうやら雲を突き抜けたようです。

100dsc06568 ←「ジュニアと青い空」。

100dsc06569 ←13:51、九合目。

100dsc06570 ←周りの木々も低くなってきました。もう頂上はすぐそこです。

100dsc06571 ←ようやく頂上の一角にたどり着きました。

100dsc06572 ←二荒山大神の御神像。

100dsc06573

100dsc06574 ←14:19、頂上に到着しました。男体山の標高2486m。

100dsc06575 ←「ジュニアと神剣」。以前からあった神剣は2年前の台風で壊れてしまったので、今はピカピカの「新・神剣」が立っています。
青空ですが、霧が時々流れてきます。

100dsc06576 ←三角点の上でハイタッチ。「ジュニアとアヤ」。

100dsc06577 ←ウメバチソウが頂上に咲いていました。

最後に頂上に着いたのはさなリーダーとH隊員。
どこまでも優しいH隊員はしっかりとさなリーダーをサポートして歩いてくれたようで、さすがはオイラの35年来の友人だ(こういうときだけ友人ヅラのたけぱぱ・・・ヅラかぶってはいませんけど)。

ここで遅くなってしまいましたが、昼休憩にします。

カップ麺やパン・おにぎりなどそれぞれが持ってきた物でお昼タイム。

すーさん・リリィーさんは中宮祠で御朱印を押してもらうとのことで先に下山していきました。
17時で中宮祠も受付を閉めてしまうようなので・・・

100dsc06578 100dsc06579_2 ←急ぐすーさん・リリィーさんを引き止めて9名で記念撮影。
H隊員と私とで交代に撮りました。

お二人と別れてから、頂上の標柱らしきものを入れて残り7名で記念撮影。

100dsc06581 ←セルフボタン押さずにうっかり撮った1枚。

100dsc06582 100dsc06583 ←三脚・セルフでちゃんと撮った2枚。

15:00、下山開始。

100dsc06584 ←青い空と白い雲がマッタクいいぢゃありませんか。

100dsc06585 100dsc06586 ←雨予報で参加を諦めた方もいるのに、申し訳ないような素敵な眺めです。

でも出来れば次回は中禅寺湖を見下ろしながら下山してみたいものです・・・

あわてず急がず、でもやや薄暗くなってきましたのでそこそこのペースで下山。

100dsc06587 ←18:00、中宮祠に到着。

H隊員号で東武日光駅近くのコンビニまで送ってもらい、そこで解散の予定でしたが、少しアクシデントがあり、結局H隊員号で東武日光駅まで。

H隊員に礼を言い、そこから6名は電車内で反省会をおっぱじめました。
「北千住でさらに反省会」という案もありましたが、今日は皆お疲れのようですので素直に帰ることにしました。

このあと2~3日くらい太ももが張り、階段の下りのツライことツライこと。
23日振りの山歩きは相当こたえました・・・

クリックしてくださると「明日(9月25日)から4泊5日で利尻・礼文です。利尻に登頂すれば9年ぶり5度目。礼文では豪雨で閉鎖中だった桃岩荘が再開したので31年ぶりに行ってまいります。」も喜びます。→人気blogランキングへ

2014年9月12日 (金)

大岳山へ(今年5回目)。

人気blogランキングへ

2014年8月15日(金)、今年5回目の大岳山に行ってきました。

メンバーは7名。
平日ですが、お盆休みのど真ん中。
御岳~大岳もにぎわっていました。

=====================================

イベント当日、起きたらまず天気を見ます。

10020140815_062557 ←天気は上々。なんだか幻想的な雲が沸いています。手前に見えるのは多摩川。我が家のベランダから撮影。

10020140815_062608 ←こちらも我が家のベランダから撮影。多摩川の川原は夏休み中、キャンプやBBQでにぎわいます。真ん中の高い建物は「かんぽの宿」です。

朝飯を食べ、小さめのザックに荷物を放り込み、8:15頃青梅の家を出ます。
青梅駅前のコンビニでおにぎりを買い、8:29青梅駅発奥多摩行き電車に乗ります。

車内でまさとし(上ミノ)&なご太郎と合流。
8:49御嶽着。
改札を出て左にある地図看板の前で待っていると初対面のまさあきさんとこれも初対面のケンさんが登場。
GANAIさんNoopyさんも現れて、これで7名揃いました。

「ケーブル下」行きのバス停に行くと長蛇の列。
なんとか3台目のバスに乗れました。
10分ほどの乗車で「ケーブル下」バス停着。

バス停から坂道を3分ほどテクテクと登るとケーブル滝本駅。

100dsc06487 ←こちらも長蛇の列。とりあえずならんでから、交代で切符を買いに行きます。

100dsc06488 ←この日は暑かったのです。団子を焼く駅員さんも大変です。でもレンゲショウマは1310株咲いてるそうです。誰がどうやって数えたのか・・・

100dsc06489 ←改札を通り、階段状のホームで待っていると青空号が下りてきます。100dsc06490

ギュウギュウのケーブルに6分乗車。
標高831mのケーブル御嶽山駅に到着。

100dsc06491 ←御嶽山駅前の広場を「御岳平」といいます。

100dsc06492 ←御岳平から見た日の出山。

100dsc06493 ←同じく御岳平から見た関東平野。と言っても見えているのは手前の御岳集落とその奥の沢井集落くらいですが。
天気がよければスカイツリーや筑波山まで見えます。

軽く準備運動をしたり、トイレを済ませたりしてから輪になって自己紹介。
「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れてから9:54歩行開始。

まず、レンゲショウマ群生地に向かいます。
と言っても、すぐそこ。
2~3分も登れば群生地です。

100dsc06494 ←レンゲショウマ。下を向いて咲いているのが可憐でいいですね~。

100dsc06495 ←ソバナ。

たくさん写真を撮ったのでピンボケも含めて全て貼っておきます。

100dsc06496 100dsc06497 100dsc06498 100dsc06499 100dsc06500 100dsc06501 100dsc06502 100dsc06503 100dsc06504 100dsc06505

開いた花ももちろん可愛いのですが、今まさに開かんとしている緑から紫になったような玉状の蕾も愛らしいです。

レンゲショウマ群生地を登りきると展望台に出ます。
リフトの終点と展望食堂があります。

100dsc06506 ←展望台から見た日の出山。先ほどよりも霞んできたような・・・

展望台まで来たのですから産安社(うぶやすしゃ)に寄っていくことにします。

100dsc06507 100dsc06508←安産杉。

100dsc06509 ←子授檜。

100dsc06510 ←夫婦杉。縁結びの杉ですので、なご太郎に男杉と女杉の間を通ってもらいます。女性は男杉に触れながら、男性は男杉に触れながら間を通るとご利益があるそうです。100dsc06511

ビジターセンターの手前で一般の参道に合流します。
宿坊や茶屋のある御師集落を抜けると道が分かれます。
左に行けば日の出山、右の急坂を登れば御嶽神社方面。
その右の急坂の途中に樹齢1000年と言われる「神代欅」が聳え立っています。

100dsc06512 ←神代欅。100dsc06513

急坂を登りきると通称「土産物屋ストリート」(私が勝手に名付けました)に出ます。

100dsc06514 ←「門前町」みたいな感じでなかなか素敵です。

100dsc06515 ←武蔵御嶽神社へと登る階段。途中に新しい鳥居があります。

今日は御嶽神社に御参りしていきます。

100dsc06516 ←10:42、武蔵御嶽神社。お盆です。レンゲショウマの時期です。平日ですがとてもにぎわっています。

100dsc06517 ←なご太郎は何をお願いしたか・・・

ちなみに私は「家族の健康」「安全登山」「次男の高校合格」をお願いしておきました。
信仰心もないしお賽銭もあげなかったので効果のほどはわかりません。

御嶽神社から長尾平に下ります。

100dsc06518 ←長尾平にある長尾茶屋。週末のみの営業。今日は金曜ですが、お盆でもあるし、これから店主の川崎さんがやってきて店を開けるのでは・・・という期待をこめて下山まで楽しみにとっておきます。

ここからは真っ直ぐに一番近い道を大岳山まで歩きます。

100dsc06519 ←天狗の腰掛け杉。樹齢350年、樹高60m。

100dsc06520 ←11:17、水場。ここのところの雨の多さで水量たっぷりです。

100dsc06521 ←水場の少し上にあずまやがあります。ロックガーデン周遊コースの折り返し地点です。
大岳山に行く人数とロックガーデンだけの人数は圧倒的に後者が多いので、ここから先は比較的静かな山歩きになります。

100dsc06522 ←タマアジサイは今が盛りです。なご太郎はタマアジサイに親近感を覚えるのか「カワイイですね」を連発。

100dsc06523 ←あずまやから5~6分ほど登ると小さな橋があります。ブレブレ写真すいません。

100dsc06524 ←この橋から向うは獣の世界、こっち側は人間の世界。そんな感じがするので、大岳山で私が最も好きな場所です。

この橋から上、峠までは涸れた沢の右岸につけられた道を登っていきます。
それほど急ではありませんが、暑さのためか、最近あまり歩けてないせいか、いつもよりしんどく感じます。

100dsc06525 ←11:40、芥場峠。小休止。

100dsc06526 ←芥場峠の「クマ隊長」は今日もキリっとしています。

そろそろ小腹が、いや本格的にお腹がすいてきました。
それぞれ行動食などを口に入れて凌いでいます。

少し登ると「滑落注意」などと、穏やかではない看板があったりします。
確かに左側斜面に落ちればケガはするでしょうが、それほそ危険は感じません。

100dsc06527 ←12:20、大岳山荘(非営業)前のテラス。天気がよければこの写真の真ん中あたりに富士山が見えます。

100dsc06528 ←テラスから見た丹沢方面。残念ながら頂上付近は雲の中です。少し手前が生藤山~陣馬山あたり。一番手前、緑の尾根が馬頭刈尾根。
トイレを済ませたら頂上へ向けて出発。
ここからは10分とちょっとです。

100dsc06529 ←大岳山神社の狛犬。ユニークな顔をしています。

100dsc06532 ←12:56、大岳山頂上に到着。100dsc06533 ←標高1266.5m。

100dsc06530 ←富士山の右の裾だけ少し見えているのがわかるでしょうか。

100dsc06531 ←右:御前山。左:三頭山。大岳山と合わせて「奥多摩三山」です。

日陰の適当な場所を探してそこで遅めの昼食です。
なご太郎は辛目のカップ麺持ってきて少ししか食べられず、GANAIさんに進呈していました。
私はコンビニのおにぎり。お湯をもらってコーヒー。こういうときは甘いコーヒーを飲みます。暑くても景色が見えなくても至福のひと時です。

100dsc06534 100dsc06535 ←山頂にいた人にシャッターを押してもらい、記念撮影。
6名しか写っていません。Noopyさんは用事があって頂上まで来れず下山しました。

100dsc06536←13:32、山頂をあとにします。

100dsc06537 ←山頂付近だけ何箇所か手を使って下るところがあります。下りこそ慎重に。

登って来たときに「滑落注意」の看板があったあたりにストックが一本道の脇に置いてあります。
その少し先にはドイツ人らしき背の高い女性がいて、斜面の下のほうに向かって名前を呼んでいます。
どうやら一人滑落したようです。
先ほどのストックは助けに行った人のもののようです。
バツパーティの女性が携帯でレスキューを呼んだところのようでした。

我々がいても邪魔になるだけですから、歩行を続けます。

すると、登ってくるわ登ってくるわ、消防隊員らしき方々がどんどん登ってきます。
「お疲れ様です」
と声をかけますが、何回声をかけたことか・・・

100dsc06538 ←本当の先発隊はバイクで来れるところまで来て、あとは足で登るということのようです。
橋から上は獣の世界のはずが、「救助の世界」のようになってしまいました。

結局50名以上の消防隊員とすれ違う・・・
(一人落ちただけでこんなに騒がしい事になるんだ)
と、改めて安全登山を常に心がけなければと思った次第です。

100dsc06539 ←15:05、長尾平。期待もむなしく長尾茶屋は営業していませんでした。

100dsc06540

100dsc06541 ←神社の階段に戻ってきました。

15:30、ケーブル御嶽山駅に到着。
当然のことながら下りもケーブルも順番待ちです。

100dsc06542 ←順番待ちの間にカキ氷を食するまさとし。

100dsc06543 ←なご太郎はレインボーにしてました。

100dsc06544 ←下りも青空号でした。15;50発。

100dsc06545 ←滝本駅すぐ下の公用駐車場には赤いクルマやらパンダ色の車やら・・・

バスで御嶽駅まで。
電車で青梅駅まで。青梅で電車を乗り継ぎます。
まさとし・なご太郎・GANAI・私の4名は河辺で下車。
まさあき・ケンのお二人はこのまま乗車して帰るとのことなので、握手をして別れる。

10020140815_170620 ←河辺駅前温泉「梅の湯」で汗を流し、本日のゴール=西国立「こまくさ」に向かいます。

10020140908_164725 ←「こまくさ」は南武線西国立駅前にあります。

10020140815_185123 ←まずは生ビールで乾杯。10020140815_191154

10020140815_194517 10020140815_194534 ←字はマスター=橋本良春さん。皿を焼いたのは奥様のミドリさん。
マスターはシンガーソングライターです。

お店では「山よ+星のかけらを拾ってきました」というオリジナルCD(¥2000)を売っています。

10020140815_210532 10020140815_210535 ←店が一段落すると橋本さんが唄を歌ってくれます。

私のボトルが入ってます(さつま白波)ので、よかったら今度こまくさにご一緒しませんか?

クリックしてくださると「次回「こまくさ』は9月18日の予定です。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック