« 大岳山へ(今年5回目)。 | トップページ | 上州武尊山へ。 »

2014年9月24日 (水)

男体山へ。

人気blogランキングへ

2014年9月7日(日)、日光の男体山に行ってきました。

メンバーは9名。

さなリーダー・スムキチ・アヤ・すーさん・ジュニア・H隊員、そして初対面のリリィーさん・かみやん、私という面子です。

=====================================

3:30起床。

大体のパッキングはしてありましたが、もう一度リストを見て確認します。

4:20頃、青梅の家を出ます。
3時間くらいは寝たはずなのですが、まだ頭がぼーっとしています。
青梅駅前のコンビニでおにぎりを4個買います。
お茶は水筒に450mlくらい入っています。

4:35青梅発の始発電車で立川へ。
立川で中央線に乗り換えて西国分寺。
武蔵野線で武蔵浦和。
埼京線で大宮。

大宮で宇都宮行きに乗ります。
ここまで朝飯を食べていませんが、今日はどうしても立ち食いソバが食べたい・・・
大宮では時間がないので宇都宮まで我慢します。

昨晩は酒を抜きましたが、そういうときのほうが次の日お腹がユルイのですが、どうしてまさとしさん?
結局電車の中では全く眠れず、トイレに何度もいくことに・・・

宇都宮で念願の立ち食い蕎麦にありつきます。
幸せなお腹になって、日光線ホームへ。
日光線は「日光ツーデーウオーク」とやらが開催されるのでかなり乗車率がよく、やっと席を見つけるといった状態でした。

8:26、JR日光駅に到着。
予報どおりの雨。

トイレに行ってから一とおり駅構内を見てまわりましたが、見知った顔はありません。
連絡用サイトに「H隊員号に乗車希望の方は書き込みをお願いします」と書いておきましたが、誰も反応がなかったので、私以外は全員東武日光からバスに乗るつもりなのでしょう。

傘を差し、一応バス停にも行ってみましたが、誰からも声をかけられませんでしたので、待っていてくれたH隊員号に近寄り、おはようのご挨拶。

私「いつもスマンねぇ」
H「たけぱぱだけ?行っちゃっていいの?」
私「一通り見たけど誰もいないみたいだし、皆東武の方じゃないかな。わりぃけど東武日光に寄ってみようよ」
H「あいよ。わかった」

東武日光駅はすぐそこです。
さなリーダー・スムキチ・アヤ・ジュニア・かみやん、5名の顔が見えました(かみやんは初めて会うのですが)。
リリィーさんの顔はわかりませんが、すーさんの顔はわかりますのでどうやら東武日光駅付近にもいない様子。
集合は二荒山神社バス停としてありましたので、H隊員号に7名乗って先に進むことにします。

H隊員号に乗ってしばらくしてから気がついたのですが、お二人はJR日光駅からバスに乗ったとの書き込みがありました。

9:15、二荒山神社の駐車場に到着。

100dsc06546 ←雨は小降りになりましたが、まだ少し降っています。神門から撮った二荒山神社中宮祠中門。

100dsc06547 ←神門の下で雨宿り。バスでやってくるであろうお二人を待つ。H隊員が細目で見ているのは二荒山神社。そしてその上・・・晴れていれば男体山が見える方向。

9:34頃、お二人がバスから降りてくるのが見えました。
失礼ながら階段上の神門から手を振って「こっち、こっち」と合図を送る。

お二人が準備出来るのを待ち、準備が終わったところで軽く輪になって自己紹介。

100dsc06548 ←神門下で自己紹介タイム。

自己紹介タイムの後、1分間の黙祷。
8月30日に西穂から滑落して亡くなった山友のお母様の冥福を祈ります。

私「1分間って結構長いですね。ちょっとしめっぽくなっちゃいましたが、儀式をやってから出発したいと思います」

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、歩行開始。

なのですが、「登拝料500円也」を払わねばなりません。
スムキチに会計をやってもらい、中宮祠受付で9人分4500円を払います。
するとお守りをくれます。

10020140919_225604←これを持って登れば安全登山間違いなしです。

9:55、本格的にスタート。

100dsc06549 ←目指すは二荒山奥宮=男体山頂上です。

小降りだった雨はスタート直後ほとんど止みました。

三合目までは巨大な杉の中のやや薄暗い山道を登ります。
歩き始めてしまえば暖かくなってきます。
衣服調整タイムで小休止。
私も雨合羽の上は脱いでしまいます。

100dsc06550 ←三合目から四合目までは舗装された林道を歩きます。

100dsc06551 ←四合目からはまた山道になりますが、その前にここで小休止。パンやおにぎりなどで栄養補給。

100dsc06552 ←9月7日ですが、一部紅葉も始まっています。さすが日光です。

100dsc06553 ←11:43、五合目。100dsc06554

100dsc06555

100dsc06556 ←男体山は「富士山型」ですので、登り一辺倒。しかも急登がだらだらと続きます。

100dsc06557 ←12:20、ちょっと広めのところで大休止。
私「ここで大休止にします。お昼は頂上で時間とるけど、それまで持たないでしょ」
H隊員「実質的なお昼ってことかな・・・」
私「ま、そう受け取ってもいいけど」

100dsc06558

ところが、「お昼は頂上でとる」という部分は忘れられ、「実質的なお昼」という部分だけが一人歩きして、約2名「ここでお昼休憩なんだ」と勘違いしたようで、
私「さぁ、そろそろ行きましょうか」
2名「エッ、ここでお昼なんじゃないの・・・味噌汁作っちゃったわ」「私もコーヒー入れちゃったわ・・・」
そこで、もう少し時間をとることになりました。

やはり休憩時は「ここで何分」とちゃんと言わないといけないということで、大変反省しております。
申し訳ございませんでした。

気をとりなおして頂上へ向けて出発。

100dsc06559 ←まだしばらく急登が続きます。

100dsc06560 ←少しガスってきました。

100dsc06561 ←どこまで続く急登ぞ。

100dsc06562 ←アキノキリンソウ。

100dsc06563 ←すーさんにポーズをさせて撮影するスムキチ。

43_large ←スムキチ撮影。

100dsc06564 ←13:18、八合目。100dsc06565

このあたりから周りの木も低くなってきます。
しかしまだまだ急登は続きます。

100dsc06566 100dsc06567

下界は曇りのようですが、どうやら雲を突き抜けたようです。

100dsc06568 ←「ジュニアと青い空」。

100dsc06569 ←13:51、九合目。

100dsc06570 ←周りの木々も低くなってきました。もう頂上はすぐそこです。

100dsc06571 ←ようやく頂上の一角にたどり着きました。

100dsc06572 ←二荒山大神の御神像。

100dsc06573

100dsc06574 ←14:19、頂上に到着しました。男体山の標高2486m。

100dsc06575 ←「ジュニアと神剣」。以前からあった神剣は2年前の台風で壊れてしまったので、今はピカピカの「新・神剣」が立っています。
青空ですが、霧が時々流れてきます。

100dsc06576 ←三角点の上でハイタッチ。「ジュニアとアヤ」。

100dsc06577 ←ウメバチソウが頂上に咲いていました。

最後に頂上に着いたのはさなリーダーとH隊員。
どこまでも優しいH隊員はしっかりとさなリーダーをサポートして歩いてくれたようで、さすがはオイラの35年来の友人だ(こういうときだけ友人ヅラのたけぱぱ・・・ヅラかぶってはいませんけど)。

ここで遅くなってしまいましたが、昼休憩にします。

カップ麺やパン・おにぎりなどそれぞれが持ってきた物でお昼タイム。

すーさん・リリィーさんは中宮祠で御朱印を押してもらうとのことで先に下山していきました。
17時で中宮祠も受付を閉めてしまうようなので・・・

100dsc06578 100dsc06579_2 ←急ぐすーさん・リリィーさんを引き止めて9名で記念撮影。
H隊員と私とで交代に撮りました。

お二人と別れてから、頂上の標柱らしきものを入れて残り7名で記念撮影。

100dsc06581 ←セルフボタン押さずにうっかり撮った1枚。

100dsc06582 100dsc06583 ←三脚・セルフでちゃんと撮った2枚。

15:00、下山開始。

100dsc06584 ←青い空と白い雲がマッタクいいぢゃありませんか。

100dsc06585 100dsc06586 ←雨予報で参加を諦めた方もいるのに、申し訳ないような素敵な眺めです。

でも出来れば次回は中禅寺湖を見下ろしながら下山してみたいものです・・・

あわてず急がず、でもやや薄暗くなってきましたのでそこそこのペースで下山。

100dsc06587 ←18:00、中宮祠に到着。

H隊員号で東武日光駅近くのコンビニまで送ってもらい、そこで解散の予定でしたが、少しアクシデントがあり、結局H隊員号で東武日光駅まで。

H隊員に礼を言い、そこから6名は電車内で反省会をおっぱじめました。
「北千住でさらに反省会」という案もありましたが、今日は皆お疲れのようですので素直に帰ることにしました。

このあと2~3日くらい太ももが張り、階段の下りのツライことツライこと。
23日振りの山歩きは相当こたえました・・・

クリックしてくださると「明日(9月25日)から4泊5日で利尻・礼文です。利尻に登頂すれば9年ぶり5度目。礼文では豪雨で閉鎖中だった桃岩荘が再開したので31年ぶりに行ってまいります。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 大岳山へ(今年5回目)。 | トップページ | 上州武尊山へ。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

お世話になりました~
途中から脛が攣ってしまい、みなさんにご迷惑をおかけし申し訳ありませんでしたweep 
そして、Hさんには本当に感謝感謝でした(> <。)
Hさん、ありがとうございました!
佐野に足を向けられませんcoldsweats02


 こんにちは。
やまとそばさんの所からリンクさせて頂きました。
以後ヨロシクお願いします。。。! !

男体山の山行拝見させて頂きました。

さなリーダー、
今日が確か二十何回目かのお誕生日でしたね。
おめでとうございマッスル!

「バスで帰らにゃならん」とかいう行程でしたら大変でしたが、H隊員号があって本当によかったですねぇ。
佐野の観光大使は「やるときはやる人」ですからねぇ。
あてくしも佐野には足を向けて寝られません。
いつも佐野のほうを拝んでから寝ることにしています。

多摩太郎さん、
ご訪問ありがとうございます。
あてくし、もう55歳のオヤヂですが、山歴だけ古くて40年になります。
最近は高い山も険しい山も行ってませんが、近くの山にはちょこちょこと行っております。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

すみません~いま読みました!
またまた年を取り除きました(笑 ありがとうございましたwink

さなリーダー、
平ヶ岳も大変お世話になりました。
そしてめちゃめちゃ天気良くて楽しかったですね。

また「こまくさ」に行きましょうね。
行かなくてもオイラさなリーダーの事を思い出し、必ず「お通し」の写真入でつぶやきますから~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682021/57352791

この記事へのトラックバック一覧です: 男体山へ。:

« 大岳山へ(今年5回目)。 | トップページ | 上州武尊山へ。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック