« 利尻・礼文へ(4日目・礼文島岬めぐり編)。 | トップページ | たけぱぱ 百名山 山歩き日記 PART4のお知らせ。 »

2014年10月31日 (金)

利尻・礼文へ(4日目・礼文島カナリヤパークと落陽編)。

人気blogランキングへ

「利尻・礼文へ(4日目・礼文島岬めぐり編)。」から続く>>>

2014年9月28日(日)12:12頃、浜中集落の車を停めた場所に戻る。

お腹がすきました。
車だと1~2分しかかからない船泊の「双葉食堂」を目指す。

車を双葉食堂の真ん前に停める。
なご太郎が中を覗くが満席。
店の前で待つことにするが、じっとしていては勿体ないので2人ずつ交代で列ぶことにして、あとの二人は海を見に行ったり・・・

100dsc06953 ←まさとしの向こうの海は船泊湾。真ん中にトド島、左にスコトン岬が見える。

100dsc06954

20分くらい待って席が空き、双葉食堂に入る。

食堂はおじさん&おばさんの二人で切り盛りしており、注文するのもやっと・・・

ラーメンが出てくる間、することは携帯ポチポチかTVのニュース。
いずれにしても話題は木曽御嶽山の噴火のニュース。
このときは死者も行方不明者もまだなんともわからない状態だったが・・・

待つこと約30分、ようやく味噌ラーメン二つと野菜ラーメン二つが出てきた。
10020140928_132538
混んでいるだけあってラーメンは美味かった。

次になご太郎の発案で「穴あき貝」があるという海岸へ。
ネットで調べたところによると「タコ公園」の近くにあるという。
少し迷って一度は浜中まで行ってしまったが、なんのことはないすぐ近くの「礼文町総合公園」がなご太郎のいう「タコ公園」なのであった。

100dsc06957 ←礼文町総合公園のタコ。すべり台のようです。

100dsc06955 ←船泊湾の海岸で穴あき貝を拾う。

100dsc06956 ←貝という貝にほとんど穴があいています。

この海岸にいる頃、レンタカー会社から電話が入る。
(そう言えば、6時間を過ぎる場合は電話を入れなければいけないんでした・・・)
結局10時間料金を払うことで落着。

次に私のお願いで、金田ノ岬に行く。
礼文島の北側はクワガタの頭のように角が2本出ているような形なのだが、左(西)がスコトン岬で右(東)が金田ノ岬に当たる。

100dsc06958 ←初めて訪れるのだが、宗谷岬のように茫洋としており、「岬の突端」という雰囲気ではない。

100dsc06959 ←昨夜のYHでの「旅行相談所」ローズ氏の昼飯オススメは、一つが「双葉食堂」もう一つがここ「あとい」だったのだが、漁協でやっているせいか土日はお休みのようだった。

100dsc06960 ←宗谷岬と同じく「茫洋と」しているが、同じく「岬の突端でない」だけに、すぐ海水なのである。

100dsc06961 ←怪力まさとし。

礼文島の東海岸を今度はひたすら南下する。

島で一番の集落=香深に入ってすぐのセイコーマートに寄る。
利尻にはセイコーマートが3軒あるが、ここ礼文にはこの1軒のみ。

100dsc06962 ←セイコーマートの前から利尻島を望む。頭は雲の中だ。

100dsc06963 ←セイコーマートにはなんでも売っている。買いたいものはたくさんあるが、今日は我慢する。
なご太郎は「めんみ」を買っていた。

さらに南下。
香深を通り過ぎ、知床集落へ。

あちこち工事中(大雨の修復のため)で入口がわかりにくかったが、地元の軽トラ運転のお姉さんが親切に教えてくれて差閉集落から登り、なんとか「カナリアパーク」にたどり着く。

100dsc06964 ←人が住んでいるような場所ではないが、ここから見る利尻が「一番の別嬪さん」だと、礼文の人達は昔から言っていたそうだ。
ここに「小学校の分校」のセットを作り、『北のカナリアたち』という映画を撮影、2012年に公開された。
そのセットを撮影後も保存し、「カナリアパーク」として一般公開しているのものである。

撮影は木村大作。
『剱岳 点の記』や『春を背負って』の監督として名高いが、撮影者(カメラマン)としては『八甲田山』『駅 STATION』『居酒屋兆治』『鉄道員』など数々の映画を撮ってきた人だ。

100dsc06965 100dsc06966

100dsc06967 ←「麗端小学校岬分校」となっていますが、実際の住所は「奮部(フンベ)」という所にたっています。

100dsc06968 ←それにしても素晴らしい場所にあります、カナリアパーク。

「岬分校」の中に入ってみます。

100dsc06969 ←主演は吉永小百合。前髪クネ男の名前がちょっと違和感ありますが・・・

100dsc06970 100dsc06971

100dsc06972 ←教室に入ってみます。懐かしい勉強道具がいろいろと置いてあります。

100dsc06973 ←突然、教壇に吉永小百合が現れて喋りだします。黒板の下のところにプロジェクターがあって、人型の板に映し出しているのでした。

534_large ←まさとし撮影。

100dsc06974 ←湊かなえの原作『二十年後の宿題』には礼文も利尻も出てきません。映画の内容と原作はかなり違うものになっています。
『駅 STATION』のロケ地増毛や、『居酒屋兆治』のロケ地函館なども行ってみたことがあります。
倉本聰の『北の国から』や『昨日、悲別で』なんかのロケ地めぐりもしたことあります・・・

香深に戻り、レンタカーを返す。

100dsc06975 ←「礼文島温泉 うすゆきの湯」は2009年にオープンした、まだ比較的新しい温泉であります。

100dsc06976

内風呂からも露天からも利尻島が見え、頭や体を洗うのもそこそこにお湯に浸かってゆっくりと利尻を眺めたことでした。

10020140928_162209 ←YHに帰ると飲めないのでここで飲んでおきます。
まさとしは3本くらい飲んでいたような気も・・・気のせいかな?

タクシーを呼び、YHの敷地手前まで運んでもらう。
トンネルを出た瞬間、歓声が上がる。
私「今日の夕陽は100点満点だよ~」

100dsc06977 ←見返り坂を急いで下る。

100dsc06978 ←桃岩にも夕陽が当たる。

YHに戻ったら玄関脇に荷物を置き、すぐYH前に出る。

100dsc06979 ←日本海に夕陽が沈んでいく。

100dsc06980 100dsc06981

541_large ←まさとし撮影。

「夕陽の儀式」が始まる。
まずは松山千春の「大空と大地の中で」。

542_large ←まさとし撮影。

100dsc06982 100dsc06983 100dsc06984

もうすぐ沈んでしまう。

100dsc06985 100dsc06986

100dsc06987 ←そこで吉田拓郎の『落陽』が始まる。

543_large 544_large 545_large 546_large 548_large ←5枚、まさとし撮影。

100dsc06988 100dsc06989 100dsc06990

千春も拓郎も歌詞の先行が入る。
私は2曲とも「先行ナシ」で唄えます。

549_large ←日本海に日が沈んでしまいました。少し余韻を楽しんでる人達。まさとし撮影。

日の入りは17:22頃。

桃岩荘に入り、ジャージに着替えて食堂に行く。

10020140928_175044 ←今日は中華丼の日。おいしくいただく。

10020140928_175656 10020140928_175659 ←夕食を食べていると、女ヘルの唄が始まった。
左からクロ・○○(忘れた)・パパ・しょーたという面々(名前覚えてる方、教えてください)。

551_large ←まさとし撮影。

食べている間にも「プゥ~ッ」という恐ろしく旧式なブザーが流れ、みっきーが「ミーティングへの参加」を促すアナウンスをやっている。

19時頃、いろり部屋で談笑していると、「ミニコンだぁ~」の掛け声で男ヘルの練り歩きが始まる。
今日は「ミニコンサート」の日らしい。
そう言えば昨夜のミーティングで出場者を募集していた。
19組くらい出るらしい。

男ヘルの練り歩きが戻ってきて、一旦引っ込んだら、ペロちゃんが走って登場。
「ミニコン」のMCはペロちゃんのようだ。

「ミニコン」の内容は踊らされるものやら、小芝居を見せられるものやら、訳の分らない踊りを見せられるものやら、スケッチブックを使った小話のようなものやら、面白くないものもあれば、面白いものもある。

10020140928_200304 ←これはなご太郎とちょもが踊らされた出し物です。

最後はまともなカナリヤちゃんのウクレレ弾き語りで「ミニコン」は終了。

「フルコース」を唄い、踊る。
船長のコーナー。
3曲歌ってミーティングは終了。

興奮冷めやらぬ面々(我々も)は囲炉裏の周りで談笑タイム。
みっきーが話をしに来てくれた。
昨年チャリでこの島に来たのがヘルパーをやるきっかけになったそうだ。

さて、そろそろ歯を磨こうかと言う頃、
まさとし「外、すごい星出てるよ」
私「どれどれ」
と外へ出たらそれはものすごい星の数だった・・・

ペロ「皆さん、星空をお楽しみのところすみませんが、間もなく消灯のお時間です」

男ヘルは皆が寝るまで寝られないということか・・・
(ヘルパーのみんなも酒飲まないで寝るのかなぁ)
などと余計なことを考えてしまいました。

歯を磨いて男子部屋(というより囲炉裏部屋の2階に2段ベッド上の棚があるだけ)に上がる。

10020140928_220715 ←男子ベッドのある場所から撮った囲炉裏部屋。22:07。真ん中の頭手ぬぐい青Tシャツがペロちゃん。

今日の消灯は22:10。
きっかりに灯りが消えた。
しばらく静かに携帯をポチポチやってから私もぐっすりと就寝。

(明日はもう帰る日かぁ。楽しい時間はあっと言う間だなぁ・・・ZZZ)

「利尻・礼文へ(5日目・島抜けの日編)完結編。」へ続く>>>

クリックしてくださると「阪神はホークスに負けましたが、私はジャイアンツに『4タテ』食らわしただけで満足です。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 利尻・礼文へ(4日目・礼文島岬めぐり編)。 | トップページ | たけぱぱ 百名山 山歩き日記 PART4のお知らせ。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682021/57838474

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻・礼文へ(4日目・礼文島カナリヤパークと落陽編)。:

« 利尻・礼文へ(4日目・礼文島岬めぐり編)。 | トップページ | たけぱぱ 百名山 山歩き日記 PART4のお知らせ。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック