« 上州武尊山へ。 | トップページ | 利尻・礼文へ(1日目・利尻島へ)。 »

2014年10月 9日 (木)

大菩薩嶺から丸川峠へ。

人気blogランキングへ

2014年9月20日(土)、5名で行ってきました。

当日は5時起床。
PCをチェックしながらパッキング。
今日は寒そうなので頂上か小屋でカップ麺を食べようと思います。

6時ちょっと前に青梅の家を出ます。

10020140920_060024 ←我が家のあるマンション8階から見た大岳山方面。高曇りのようです。

青梅駅前のコンビニでオニギリ・パン・コーヒーなどを買います。

6時16分青梅発の立川行き電車で拝島へ。
八高線で八王子。
八王子で中央線下り甲府行きに乗り換えます。
いつもトイレのある車両に乗ります。
一番前の車両へ。

車内放送があり、「この電車には一番前の車両と一番後ろの車両にトイレがついていますが、本日は一番後ろの車両のトイレは故障で使用できません・・・」

私の場合、いつも「朝のお勤め」は2回くらい行かないとスッキリしません。
電車が上野原を過ぎると少しすいてきますので座れます。
座って少ししたら「1回目のお勤め」へ。

座った場所はトイレのすぐ目の前です。
(甲斐大和の手前でもう一度行っておこう)
と思っていたのですが、最後尾車両のトイレが使えないからなのかトレ待ちの列が出来てきて、甲斐大和に着く頃には5~6名並んでしまいました。

8:01、甲斐大和着。
本当は走って階段を上がり、バス乗り場に向かうべきなのですが、私は走ってトイレに向かいます。

スッキリしてから改札を出ると当然のことながらバス待ちの列のほぼ最後尾となってしまいました。
「とにかくバスに乗っちゃってください」
と皆にお願いしてありましたので、皆それぞれバスに乗ったことでしょう。

と思っていたら目の前にまさあきさんがいました。
バスは2台出るようだったのでまさあきさんと2台目のバスに乗ります。
座れませんでしたが、まぁこれはトイレに走った時点で仕方ないと思っていました。

バスは8:10発車。
すぐ後ろに経って乗っていたオネエチャンは気持ちが悪くなってきたらしく、バスの床に座り込んでしまいました。
私もそれほど強いほうではありませんが、今回は問題なく上日川峠に到着。8:47。

スムキチは1台目のバスに、マッチさん・motojiさんは一緒に2台目のバスに乗っていたようです。

トイレを済ませ、準備運動をしてから輪になって自己紹介。
マッチ・motojiのお二人は私も初対面です。

「ファイト~、マッスル、マッスル!」で気合を入れ、9:03歩行開始。

100dsc06650 ←上日川峠。車道と山道がほぼ平行して福ちゃん荘まで続いています。
我々はもちろん山道を行きます。

100dsc06651 ←9:28、福ちゃん荘。小休止。

100dsc06652 ←福ちゃん荘前の地図看板。今日は表登山道を登り、大菩薩峠~大菩薩嶺~丸川峠と歩く予定です。

100dsc06653 ←一部紅葉も始まっています。今年はあと2~3回大菩薩に来ると思います。今からとても楽しみです。

100dsc06654 ←少し歩くと富士見山荘。今は営業してません。富士を見るテラスも荒れ放題。
ここからの富士山が見事です。
今日はちょっと頂上が雲に隠れています。

100dsc06655 100dsc06656 ←10:16、大菩薩峠(介山荘)。小休止。

100dsc06657 ←ここまで来るとガスも出てきて、おまけに風も冷たくなってきました。

朝ごはんをちゃんと摂ってこなかったので、おにぎりを一個いそいで頬張ります。

100dsc06658 ←出発前に三脚・セルフで記念撮影。

10:31、大菩薩峠(介山荘)発。

100dsc06659 ←10:43、賽の河原(旧大菩薩峠)。

100dsc06660 ←11:01、神部岩(2000m地点)。

100dsc06661 ←11:12、雷岩。眺めがいいので普段はここで昼飯にしますが、今日は眺めもないし、風が冷たいので頂上までこのまま進みます。

100dsc06662 ←11:20、大菩薩嶺。いつも思いますが「地味な山頂」です。

100dsc06663 100dsc06664 ←場所が空くのを待って記念撮影。近くにいた方にシャッター押しを頼みました。

頂上には5分くらいの滞在、早速下山開始。

100dsc06665 100dsc06666

表登山道とはがらりと変わってコチラの道を歩く人は稀です。
熊が出てきてもおかしくないくらいですが、今日はよく喋るま○ちさんという人がいます。
クマ鈴は全く必要ありません。

100dsc06667 ←甲府盆地の向こう、雲海の上に南アルプスの姿が浮かびます。これを見ただけでも、「来てよかった~」と思います。

100dsc06668 ←絵のような富士山。頭が雲に隠れたままですが。

100dsc0666912:31、丸川峠。ここからの富士山もカッコいいです。

100dsc06670 ←1966年からここに立つ丸川荘。11月にお邪魔する計画があるので、今日はその下見を兼ねています。

私が先に中に入り、小屋番の只木さんの了解を得てから中へゾロゾロと。

100dsc06671 ←小屋内の様子は「こまくさ」(西国立駅前の居酒屋)の橋本さんに伺ったとおり。木彫りはほとんどが只木さんの手によるもの(一部先代の小屋番作のものもあるようです)。

100dsc06672 100dsc06673 ←小屋内で火を使ってもいいとの事でした。おかげさまでゆっくり食事が出来ました。
マッチさんがかついできたワインもまいうーでした。

食後にはコーヒーを注文。
マイカップを持っていくと50円引いてくれます。
これもまたまいうーでした。

45分ほど滞在し、只木さんに、
「じゃ、また来ますので」
と、お暇を告げると外までお見送りしてくれました。

100dsc06674 100dsc06675 100dsc06676

13:25、丸川峠をあとにします。

マッチさんの色んな話を聞きながらひたすら下ります。

100dsc06677 ←14:26、山道終了。

100dsc06678 ←14:40、丸川峠入口駐車場に到着。100dsc06679

100dsc06680

大菩薩の湯までテクテク歩き、風呂でサッパリしたら休憩室で軽く一杯。

10020140920_155014

16:40のバスで塩山駅南口に17:06到着。
駅のキオスクでそれぞれビールやつまみを買います。

10020140920_172033 ←17:20塩山発立川行き電車内でプチ宴会を始めます。飲んでるとあっという間に立川着。
立川でスムキチ・マッチさん・まさあきさんと別れ、motojiさんと一緒に青梅線で帰ります。
motojiさんは河辺で降り、私が青梅に着いたのは20時頃。

いやぁ~、11月の企画が今から楽しみで仕方ありません。

クリックしてくださると「次は利尻礼文書くぞ~~~。お楽しみに~。」も喜びます。→人気blogランキングへ

« 上州武尊山へ。 | トップページ | 利尻・礼文へ(1日目・利尻島へ)。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1682021/57614094

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺から丸川峠へ。:

« 上州武尊山へ。 | トップページ | 利尻・礼文へ(1日目・利尻島へ)。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック